しまくとぅば単語帳
  • ホーム
  • しまくとぅば単語帳:ケ

は、用例やメモ、音声などがあることを示しています

ケ(79件)
ケェ
~へ。~に。
用例
ンマケェ クーワ(ここにおいで)。ウヤンケェ ヒントーシェー(親に返答しなさい)。
ケー
櫃〔ひつ〕。衣装箱。長持。
用例
イャーガ ユミカイ イチーネー ケーヌミー チンイソーン シコーティ ムタスサ(お前が 嫁に 行く時には 衣装箱のいっぱい 衣装も 準備して 持たせよう)。
メモ
ケー(櫃)を持っているのは裕福な家だった。
ゲー
げっぷ。
ゲー
口答え。反抗。
用例
ウヤンカイ トゥーチ ゲービカーンシーネー バチアタインドー(親に いつも 反抗ばかりしていると 罰が当たるよ)。ゲー スン(反抗する)。
ケーイ
代わり・替え。
用例
クンドゥヌ アシビヌ イャー ケーイヤ ターガン ナラングトゥ ジフィ ゥンジティトゥラシェー(今度の 芝居の お前の 代わりは 誰がも できないから 是非 出て欲しい)。
ケーイ
釣銭。
用例
イャーガ トゥラチャル ケーイヤ マチガトーン(お前が 渡した 釣銭は 間違っている)。
ケーイゲーイ
何度も替える様子。
用例
チヌン ケーイゲーイ チチョールムン ユチクニ クラチョーサ(着物も とっかえひっかえ 着ているんだもの 裕福に 暮らしているさ)。
メモ
昔は、大方の人が着物を2、3枚しか持ってなく、数枚の替えを持っていれば生活にゆとりがあると考えられていた。
ケーイン
帰る。
用例
アチラン マッチン ハジマランムン ヤーカイ ケーイン(いくら 待っても 始まらないから 家に 帰る)。
過:ケータン(帰った)否:ケーラン(帰らない)希:ケーイブサン(帰りたい)継:ケートーン(帰っている)。
メモ
対:イチュン(行く)。
ケーイン
替える。
用例
ソーグヮチメーヤグトゥ タタン ムル イリケーイン(正月前だから 畳を 全部 入れ替える)。
過:ケータン(替えた)否:ケーラン(替えない)希:ケーイブサン(替えたい)継:ケートーン(替えている)。
ケーウチ
皿。
ケーウチグヮー
小皿。
メモ
ここでのグヮーは指小辞ではなく、皿の大小を表わしている。漬け物など少量の茶請けを入れた。
ケーウヮー
替え豚。
用例
ケーウヮーヤ コーテーンナー?(潰した豚の代わりは 買ってきたねぇ?)。
メモ
潰した豚の代わりに買い求める豚。
ケェー
鍬。
メモ
ケェ-(鍬)、箆、鎌をそこに揃えておき手足の安全祈願をする。
ケェー
肥。肥やし。
用例
ウヮーヤーヌ ケェー カタミティイチーネー ナガムンヌ マチウキトータンリ(豚小屋から肥やしを担いで行ったらハブが待ち受けていたって)。
ケェーガヤ
堆肥にするための茅。
メモ
青年は朝早くユイマールーでケェーガヤー(堆肥にする茅)を刈ったり、畑を耕したりする。
ケェーブン
食い分。福分。
ケェームン
食い物。
ケーコーイン
買ってしまう・思い切って買う。
用例
ドゥーガ フサシ ケーコーイン(自分が 欲しいのを 買ってしまった)。
過:ケーコータン(買ってしまった)否:ケーコーラン(買ってしまわない)希:ケーコーイブサン(買ってしまいたい)継:ケーコートーン(買ってしまっている)。
ケーサー
~を繰り返すこと。
用例
イクケーヌン アチラシケーサースン(何度も 食べ物等を温めなおす)。イクケーヌン イーゲーサースン(何度も 同じことを繰り返し言う)。
ケーシ
返し。
用例
イチャルウッピシ ケーシウッチュン(言い返した)。
ケーシェー
返しあい。子どもの遊び。
メモ
チャンクルーを遊ぶ方法名。金を地面に放ってひっくり返った分が取り分となる方法。
ケーシカジ
返し風。
用例
カジフチヌ ケーシカジヤ ユクン チューサグトゥ キーチキリヨー(台風の 返し風は もっと 強いから 気をつけなさいよ)。
ケーシゲーシ
返し返し・何度も繰り返すさま。
用例
ケーシゲーシ イクケーン イチン ティーチン マットーバ チチェートゥラサン(返し返し 何度 言っても ちっとも まともには 聞いてくれない)。
ケーシバル
敬之原(座喜味の小字)。
ケーシマー
裏返し。
用例
チュヌヤーカイ イチュルムン チン ケーシマー チーンディチンアンナー(人の家に 行くのに 着物を 裏返しに 着けるってもあるか)。
ケースーブ
堆肥勝負。
メモ
堆肥の出来の善し悪しを勝負する。農作物の出来を勝負するハルヤマスーブ(原山勝負)と同様農事奨励の意味合い。
ゲーチ
咳気。咳気。風邪気味。風邪。
メモ
咳気(がいき)とは咳が出ること。また、咳の多く出る病気をいう。
ケーテー
むしろ。却って。
用例
ワームンヤカ ケーテー イャームンガル マシヤル(私のより むしろ 貴方の物が 良い)。
ケートゥイバーケー
奪い合い。取り合い。
用例
シージャヌゥンジトーティ トゥーチ ウットゥトゥ クヮーシ ケートゥイバーケーッシ(兄のくせに いつも 弟と お菓子を 奪い合って)。
メモ
類:バーケー(奪い合い)。
ケートゥイン
奪い取る。横取りする。
用例
ドゥーヌムントゥ チュヌムントゥン ワカラン ケートゥインディチンアンナー!(自分の物と 人の物の区別も 分からない 奪い取るってもあるか!)。
過:ケートゥッタン(奪い取った)否:ケートゥラン(奪い取らない)希:ケートゥイブサン(奪い取りたい)継:ケートゥットーン(奪い取っている)。
ケートゥナイ
隣近所。
用例
アリトゥ ワントー カーマメーカラ ケートゥナイドゥーサーヤサ(彼と 私は ずっと以前から 隣同士だよ)。
メモ
葬式にはケートゥナイが喪家の手助けをする。
ケートゥナイビレー
近所付き合い。
用例
ケートゥナイビレーヤ チャー ユーサントーナラン(近所付き合いは いつも 良くつき合わないといけない)。
ケートゥネー
隣近所。
ケートゥネーンチュ
隣近所の人。
ケートゥラッティ
奪い取られて。
ケートゥラリーン
かすめ取られる。
ゲーナー
だというのに。
用例
トゥシヌユー ゲーナー(大晦日だというのに)。ソーグヮチゲーナーヤシガ(正月であるんだが)。
ケーニーブチ
眠り込んで。
用例
ケーニーブチソーン(眠り込んでいる)。
ケーヒチ
皿。中皿・小皿。
用例
ワランチャーニン ケーヒチンカイ クヮッチー ワキティ イッティ カマシェー(子どもたちにも 小皿に 御馳走を 分けて 入れて 食べさせなさい)。
ケービン
軽便鉄道。
ケービンテツドー
軽便鉄道。
ゲーマ
間。
用例
シッチューゲーマ(してくる間)。
ケーマーシガター
死にそう。
用例
ウヤヌ ケーマーシガターヤティカラ イスジ ヤーカイ ケーイシェーマシヤサ(親が 死にそうなら 急いで 家に 帰った方が良いよ)。
ケーマースン
死ぬ・亡くなる。
用例
イサヌヤーヲゥティ ケーマースン(病院で 亡くなる)。
メモ
類:ミーウティー(目落ち・亡くなる)・トータビカイゥンジャン(唐旅に行った・亡くなる)・ミークータン(目を瞑った・亡くなる)・ヲゥランナタン(居なくなった・亡くなる)・ヲゥモーランナタン(居なくなられた・亡くなる)・スーカーワタイヒチャン(三途の川を渡った・亡くなる・年寄りに使う)・グソーカイゥンジャン(後生に行った・亡くなる)・トーナタン(限界に来た・亡くなる)・マーヒチャン(亡くなる)・シジャン(死んだ・亡くなった)。
ケーラシクルバシ
ひっくり返したり転がしたり。
用例
ケーラシクルバシッシ ムッチハイシガ マーカイ ムッチイチュル チムエーガヤー(ひっくり返したり転がしたりして 持って行くが どこに 持って行く つもりなんだろうね)。
ケーラスン
ひっくり返す。
用例
ンナシ ケーラスン(皆で ひっくり返す)。
過:ケーラチャン(ひっくり返した)否:ケーラサン(ひっくり返さない)希:ケーエラシーブサン(ひっくり返したい)継:ケーラチョーン(ひっくり返している)。
ケーラバル 
喜名の原名。海田原。
ケーリーン
ひっくり返る。
用例
イーシンチカン ヤガティ ケーリーンドー(言うことも聞かずに〔ないで〕 やがて ひっくり返るよ)。
過:ケーリタン(ひっくり返った)否:ケーリラン(ひっくり返らない)希:ケーリーブサン(ひっくり返りたい)継:ケーリトーン(ひっくり返っている)。
ケーリンクルビ
転げまわるさま・ごろごろしているさま。
用例
ケーリンクルビシーガーチー アマカイ ヒンギティ ハイタン(転げまわりながら あっちに 逃げて 行った)。
ケール
円形の木彫りの鉢。
メモ
祝いや行事のときなどに御馳走を入れて運ぶのに使った。一般にミシバーチと呼ばれる鉢。
ケールー
取り替えること。交換。
用例
イャームントゥ ワームントゥ ケールーサーヤー(お前の物と 私の物と 交換しようね)。
メモ
親志は薪を座喜味・波平・高志保へ持っていき、芋や大根などと交換した。
ケーン
~回。回数をあらわす接尾辞。
用例
チュケーン(1回)。タケーン(2回)。ミケーン(3回)。
ゲーン
【植物】ススキ。
ゲーン
用例
ゲーン カティッチ サン ユーイン(ススキを 刈りて来て サン・ススキで作る魔除けを 結う)。
ゲーンヌ ハナガ ナーラ ヒラカン マール カー ハジャーニ、ガームリヤーニ カナー サビタン。ウリ カナーシーネー シラベー ゥンジーンドーッチ、ウヤンチャー ヌランシェータン(ススキの花がまだ開かないうちに皮を剥〔は〕いで、ガムと言って噛んでいました。それを噛むとシラベー〔皮膚に白斑〕が出るよと言って、親達は怒りました)。
メモ
グシチ(すすき)を数本束ねたものをゲーンといい、大幣(おおぬさ)のようなお祓いの道具。呪具としてシバサシやマブイワカシ、マブイグミなどさまざまな場面で使われる。近年はグシチとゲーンが混用されている傾向がみられる。同様なものにススキなどの細長い葉を結んだサンがあるが、こちらは食物に限って用いられていたが、近年ではお守りとしても使われている。
ゲーン
セミの鳴き声。
ケーンケーン
セミの鳴き声。
ゲーンゲーン
【虫】セミの一種。
メモ
一番最後に鳴くセミ。夕方涼しくなるころに鳴く。一番最後に鳴くセミ。夕方涼しくなるころに鳴く。
ゲーンゲーン
セミの鳴き声。
ゲーンゲーングヮー
【虫】セミの一種。ヒグラシ。
用例
ゲーンゲーングヮーガ ナチ ミンチャサヌ ヒルニンジン ナラン(ヒグラシが 鳴いて うるさいので 昼寝も できない)。
ケーンケン
セミの鳴き声。
ゲッチョー
子どもの遊びのひとつ。
メモ
木片を使った子どもの遊びの名前。
イッパーともいう。
ゲットゥー
子どもの遊びのひとつ。
用例
フカカイ ゥンジティ ゲットゥーシ アシバナ(外に 出て ゲットゥーして 遊ぼう)。
ゲットゥーゲットゥー
片足跳びであるくさま。
メモ
けんけんして歩くさま。片足跳びであるくさま。怪我をしたり、鼻緒が切れたりした時に、けんけんして歩くさま。怪我をしたり、鼻緒が切れたりした時に、けんけんして歩くさま。
ゲットー
子どもの遊びのひとつ。
メモ
喜名での片足ずもうの呼称。
伊良皆ではヒサゲットー、比謝矼ではカーターと呼んでいた。
ケラン
けらない。
ゲレンゲレン
【虫】セミの一種。ヒグラシ。
用例
ゲレンゲレンガ ナチハジマイネー ミンチャサヌ フシガラン(ヒグラシが 鳴き始めると うるさくて たまらない)。
ケンケーン
念仏者の鉦の音。
ケンケン
念仏者の鉦の音。
ケンケン
片足飛び・けんけん。
用例
ワランチャーガ ケンケンシ アッチョーン(子どもたちが 片足飛びして 歩いている)。
ケンケンパー
片足飛び遊び・けんけんぱ。
用例
ユーヌユックルカ ケンケンパーシ アシブタンヤー(日が暮れるまで ケンケンパーして 遊んだね)。
メモ
子どもの遊びのひとつ。
ケンダー
威張った者。
ケンターマー
【虫】オニヤンマ。
ケンターマー
用例
ケンターマーヌ ミンタマヌ マギサヨーヤー(オニヤンマの 目の 大きいことよ)。
ケンドーブシ
県道節。新作民謡の題名。労働歌。
ケンナ
かいな。二の腕。上腕部。
用例
アリガ ケンナヌ マギサヨ、ワッター ムムヌ ウフィナーソーサ(彼の 腕の 太いことよ、私たちの 腿と 同じくらいしているよ)。
ケンナブニ
二の腕の骨。上腕部の骨。
ケンナムルシ
腕の力こぶ。
メモ
二の腕の筋肉の盛り上がった塊〔かたまり〕。
ゲンノー
玄翁。
用例
ゲンノーッシ クジ ヌジュン(玄翁で 釘を 抜く)。
ケンラー
威張った者。
用例
ヤコー タッタンソーティ ケンラーナティ(役には 立たないくせに 権利ばかり振り回して)。
メモ
威張りや・権利を振り回している人。お高くとまって人を見下しているような人。
ゲンロー
原料。
メモ
帽子のゲンロー(原料)は那覇から持ってきた。
ゲンローボーシ
紙の撚り糸で編んだ帽子。
メモ
原料+帽子。
yomikomi
読込中...