しまくとぅば単語帳
  • ホーム
  • しまくとぅば単語帳:コ

は、用例やメモ、音声などがあることを示しています

コ(86件)
コー
科。官吏登用試験。
用例
イチバン コー アタヤーニ(一番の位に 当たった)。
メモ
コーとは科挙(かきょ)にあたる言葉で、人材を選び取るための試験のこと。官吏登用試験をさす。またその科目。
コー
講。
コー
龕。
用例
コーカタミヤーヤ カター ケーテーナランディ(龕担ぎは 肩を 替えてはいけないって)。
メモ
類:アカンマー(龕)・ガン(龕)。
葬式でコー(龕)に乗せるのは7歳からだった。コーに指さしてはならない。指さすと指が切れると言われ、クンチャーイービヤチリティン ワーイビンチリンナヨー(乞食の指は切れても、私の指は切れるなよ」と口に指を入れ、目を閉じてて七回まわった。
龕に死者が入っているときに龕のことをコーと呼ぶとも言われる。
ゴーイー
足が内向きに湾曲し、歩くのが困難な者。ちんば。
メモ
ゴーイーともゴーヤーともいう。足の形がゴーヤー(ニガウリ)に似ているということから。
コーイジョージ
買い物上手。
用例
ワッター アバーヤ ヌーコーラチン マチゲーネーラン コーイジョージヤン(私の 姉は 何を買わせても 外れがなく 買い物上手だ)。
コーイムン
買い物。買った物。
用例
ナーファヌ マチカイ コーイムンシーガ イチュン(那覇の 町に 買い物しに 行く)。
コーイムンシーガ フィジャバシンカイ(買い物しに 比謝矼へ)。
コーイムンサー
買い物をする人。
用例
ソーグヮチメーナティ コーイムンサーガ マンドータン(正月前で 買い物客が たくさんいた)。
コーイルー
紙縒(こより)。
メモ
帽子の材料だった。
コーイン
買う。
用例
ワラビヌ ソーグヮチヂン コーイン(子どもの 正月用の着物を 買う)。
過:コータン(買った)否:コーラン(買わない)希:コーイブサン(買いたい)継:コートーン(買っている)。
メモ
対:ウイン(売る)。
コーイングェー
買い食い。
用例
コーイングェー ビカーンスグトゥ ムノー イランナイサ(買い食い ばかりするから ご飯が 入らなくなるさ)。
ゴーウッチェー
子どもの遊びのひとつ。
メモ
碁+打ち。
囲碁盤のような図の上で石を取り合う遊び。
コーガーキ
頬被り。
用例
コーガーキシ(頬被りして)。
コーガーキー
頬被り。
用例
フカー ヒーサヌ フシガラン コーガーキーソーティル アッカラリル(外は 寒くて たまらない ほほ被りしないと 歩けない)。
メモ
波平には、夜にコーガーキー(頬被り)して歩いてはいけないという字内規があった。
コーキン
工金。工賃。
コーグ
腰。
用例
パーパーヤ ユカイ コーグ マガティメーン(お婆さんは かなり 腰が 曲がっていらっしゃる)。
コーグー
腰が曲がった人。
用例
ウンメーヤ コーグーナティ アッチーカンティーソーン(お婆さんは 腰が曲がって 歩きにくそうにしている)。コーグー マガイン(背中が曲がっている)。
メモ
背中が前屈〔かが〕みに曲がること。
ゴーグチ
苦情。不平をいうこと。
ゴーグチ
愚痴。苦情。不平をいうこと。
用例
ワンネー トゥーチ スーアンマー ゴーグチビカーン チカサッティ ミミン ワッシクナトーサ(私は いつも 両親の 愚痴ばかり 聞かされて 耳も 悪くなっているさ)。
メモ
悪口。
ゴーグチヒャーグチ
不平不満。
メモ
火の神の前で小言や不平不満を言ってはならない。
ゴーグチャー
苦情ばかり言う者。愚痴ばかり言う人。
用例
ゴーグチャーハーメーヤ トゥーチ ワンビカーン ヌラティ!(愚痴っぽい婆さんは いつも 私ばかり 叱って!)。
メモ
類:ゴーマチャー(愚痴ばかり言っている人)。
コーグヮーシ
菓子の名。落雁。
用例
スーコーネー カンナジ コーグヮーシン シキータン(法事には 必ず コーグヮーシ〔米粉菓子〕も  供えた)。
メモ
米粉・砂糖・水飴で作った落雁のこと。鶴・亀や松竹梅などにかたどられ着色された。家によってはトーカチスージの参会者へ土産として持たせた。
ゴーゴーミー
穴。
用例
ゴーゴーミーカラ アイコーガ ゥンジティチュータン(穴から 蟻が 出てきた)。
コーサー
げんこつ。
用例
ゥンマヲゥティ ヤナアシビシーネー コーサークヮースンドー(そこで 悪い遊びをすると ゲンコツするぞ)。コーサー クヮースン(げんこつをくらわす)。
メモ
類:メーゴサー(ゲンコツ)。
コーサー
疥癬〔かいせん〕にかかった者。
コーサク
耕作。現在の区長に相当。
メモ
間切長時代の呼称。
コーサン
かゆい。
用例
ナガリガ コーサン(背中が かゆい)。
メモ
類:ヰーゴーサン(かゆい)。
コーシ
疥癬〔かいせん〕。皮膚病。
用例
コーシ カチーネー ユクン ワッシクナインドー(疥癬を かくと よけいに 悪くなるよ)。コーシ カチョーン(疥癬を掻いている)。
メモ
予防にはゴーヤーの葉で体を洗った(楚辺)。
コージ
黴〔かび〕。
用例
コージ フチョーン(カビが生えている)。
コージバーキ
目の細かい笊〔ザル〕。
メモ
麹+バ-キ。麹をたてるのに使った
豆を入れて麹をたてるのに使ったのでコージバーキともいった。
コージャー
甘蔗の害虫名。
メモ
甘蔗にはサベーやコージャーなどの害虫がたくさんいた。
コージャー
黒と白がまざり、灰色っぽい色。
コージャー
白黒のまだら模様。
メモ
冬の葬式の参列には木綿で縦は白縞、横は縞模様のコージャーを着た。ヒジメーの品種にもコージャーがあった。
コージャー
黴〔かび〕。
メモ
黒と白がまざり、灰色っぽい色。
コージャーゥンマグヮー
やせて、使えないような貧弱な馬。
コージャーゥンマグヮー
白と黒の毛が混じった灰色っぽい馬。
コースイカ
グラジオラス。
用例
シーミージブンナイネー アマクマカイ コースイカガ サチョーン(清明祭の時分になると あちこちに グラジオラスが 咲いている)。
コースン
壊す。
用例
ヤマ コーチャーマ(山を壊して)。
コーター
ハンセン病。また、ハンセン病患者。
メモ
掌がひらかなくなる症状が猫(ネコ)などの爪先(コートゥ)のようだということから。
コーダテ
甲立て。
メモ
【甲立て(こうだて)】紙立てが変化した語。正式の供応のとき、折敷など食膳の盛り物の周囲に、種々の形に折って立てる紙。
コータン
買った。
コーチャー
ハンセン病。また、ハンセン病患者。
コーチン
【鳥】鶏〔ニワトリ〕の一種。
コーティ
買って。
コーデー
香典。
用例
ハチナンカヌ コーデーヤ ジャッサナー チチメー シムガヤー(初七日の 香典は 幾らぐらい 包んだら いいのかな)。
コートゥ
爪先。鳥獣〔ちょうじゅう〕の爪先。
用例
トゥイヌ コートゥ タティーン(鶏が爪を立てる)。
ゴードゥシ
とっても年寄り。
用例
ゴードゥシナティ(余計に年をとって)。
ゴートゥスイ
とっても御年寄り。
ゴーナイ
ごうごうと。
コーヌスージ
龕の祝儀。
メモ
類:ガンヌスージ。
渡慶次のシーシ(獅子)と儀間のコー(龕)は夫婦で、獅子の修理も12年に一度午年にやる。修理する時にはサンジンソーに日取りをしてもらい行なったが、その際に供える餅、肉、豆腐、昆布などの御馳走はお腹をこわすので、味付けをしてはいけないといわれた。
ゴーハックィエー
輪跳び越え。
用例
クヮ ウファソーティ ゴーハックィエーシ アシブタン(子どもを 負ぶったまま ゴーハックィエーをして 遊んだ)。
メモ
7個の円をひとつ、ふたつと交互に書いて、その上を跳んで行く遊びのことをゴーハックィエーといった。
ゴービンスー
極貧。
用例
ハートーッ!ワッタガ ワカサイネー チャングトール ゴービンスーヤタラー ナマシェー カンゲーラランクトゥデー(あれもう! 私たちが 若い頃は どんなに 極貧だったか 今では 考えられないことだ)。
コーブガッシー
クマゼミの幼虫。
用例
コーブガッシーヤ ガジマルンカイ ユー シガトータン(クマゼミの幼虫は ガジマルに よく 止まっていた)。
コーブシ
浜スゲ・雑草。
用例
ハルヌ コーブシ ハラインディ チューヒッチーカカトーサ(畑の 雑草を 取るのに 今日一日中かかっている)。
ゴーマチャー
小言ばかり言う人。
用例
ワン トゥジェー ゴーマチャーナティ ワンガ ヌーサワン チモーヒガンギサン(私の 妻は 口うるさくて 私が 何をしようにも 気に入らないようだ)。
メモ
類:ゴーグチャー(小言ばかり言う人)。
コームイン
葬る。
ゴーヤー
ニガウリ。苦瓜。野菜の一種。
用例
クンドゥヌ ゴーヤーガ ユカトーシヨー。ウイモーキーン ナイルアタイヤサ(今年の ニガウリが 豊作なことよ。売って儲けられるくらいだよ)。
ゴーヤー
足が内向きに湾曲し、歩くのが困難な者。
メモ
O脚よりももっともっと下がっている足の状態をゴーヤー、ゴーヤービサ。ゴーイーと言った。足の形がゴーヤー(ニガウリ)に似ているということから。
ゴーヤーチャンプルー
ニガウリの炒め物。
用例
ナチェー メーナチ ゴーヤーチャンプルービカーン カローン(夏は 毎日のように ゴーヤーチャンプルーばっかりを 食べている)。
ゴーヤービサ
ゴーヤー(苦瓜)のように湾曲した足。
ゴーヤーマチ
左回りに巻いていく棒術。
メモ
ゴーヤー+巻き。
ゴーヤーという巻貝からきた名ではないかと言われている。
コーヤク
膏薬〔こうやく〕。
メモ
動物のあぶらに薬を練り混ぜ、紙や布に塗って患部に貼る。なかなか剥〔は〕がれず大変だった。
コーラン
買わない。
コーランパー
買いたがらない。
用例
ジノー アイルスルムンヌ コーランパーシ(金は あるくせに 買いたがらない)。
コーリーン
壊れる。
用例
ウッピナーヌチュガ ウヮービンカイ ヌイネー コーリーンドー(そんなに大きな人が 上に 乗ると 壊れるよ)。
過:コーリタン(壊れた)否:コーリラン(壊れない)継:コーリトーン(壊れている)。
コーリガシー
高利貸し。
用例
コーリガシーカラ ジヌンデー カイネー ウリ ハラインディ デージヤサ(高利貸しから お金でも 借りるようものなら それを 返済するって 大変だよ)。
コーリスベリ
滑り遊び。
メモ
海からもずくやアーサを取ってきて、芝生に広げて、その上で滑って遊んだ。
ゴール
汚物洗いの鉢。
ゴールー
ミジクブサーの別称。
メモ
女性が大小の用を足した後、下を洗うために用いた手水鉢の一種。
楚辺での呼称。他の地域ではミジクブサーと呼んでいるもので、儀間と楚辺ではムンヌキムンとして魔除けの力をもっているといわれ、赤子の産湯に使った。
楚辺では通常1週間ほどの使用だが、赤子の体調が悪いときは長期間ゴールーを使用した。
ゴールー
隙間が空いてぴったりはまらないこと。ゆるい。
メモ
隙間が空いてぴったりはまらないこと。ゆるゆるしている様。
ゴールー
手水鉢。
用例
ヤーヌウチカイ イーヌメーニ ゴールーシ ティーン アラティカラ イレー(家の中に 入る前に 手水鉢で 手を 洗ってから 入りなさい)。
メモ
類:ミジクブサー(手水鉢)。
ゴールー
手水鉢の一種。
メモ
女性が大小の用を足した後、下を洗うための水を入れたおいた手水鉢の一種。
楚辺での呼称。他の地域ではミジクブサーと呼んでいるもので、楚辺ではムンヌキムン(魔除け)として、赤子の産湯に使った。
ゴールーゴール
ゆるゆる。畳語。
ゴールーマーセー
子どもの遊びのひとつ。
メモ
箍〔たが〕を転がす遊び。
喜名ではゴールマーミングヮセー、比謝矼ではガラマーミングラサイといった。ミングラサー(先に釣り針のような物を付けた竹の棒)で押して走らせた。
ゴールマー
輪。
用例
ゴールマーシ イー ヰーリムンガ チュクラリンテー(輪っかで 良い おもちゃが 作れるよ)。
ゴールマーミグラセー
子どもの遊びのひとつ。
用例
ヤーヌ シクチヌ マルマルニ ゴールマーミグラセーシ アシブタン(家の 手伝いの 合間に ゴールマーミグラセーして 遊んだ)。
メモ
ワッカ転がし。
自転車のリームや古くなった太鼓のヤッカ、樽や桶のタガを転がして遊ぶことをゴールマーミグラセーといった。竹の棒の先に針金を曲げたのをつけて、それをワッカにうまく当てて走りながら転がして遊んだ。
コーレーグース
唐辛子。
メモ
高麗+辛子。
古堅や儀間では下痢の時にコーレーグースを入れた素麺を食べた。コーレーグースを入れた卵焼きは腸に良い。
コーレーグス
唐辛子。
用例
コーレーグスンデー ナミーネー カラサヌ デージスンドー(コーレーグースー・唐辛子でも 舐めたら 辛くて ひどい目にあうよ)。
メモ
高麗+辛子。
島とうがらしを泡盛に漬け込んだ物。
コカル
【鳥】アカショウビン。
メモ
コカルが鳴くと厄。コカルは厄鳥。
コソビ
イボ。
メモ
手にコソビが出来ていたらソーローボーチ(精霊箒)で撫でた。
コッコローウー
鶏〔ニワトリ〕の鳴き声。
ゴッコン
固い部分同士がぶつかるさま。
ゴヘイロー
御拝領。
メモ
首里王府から宝物や墓などを賜ること。古堅には御拝領墓といわれる墓があった。
ゴムカン
パチンコ。
メモ
二股の小枝の両方にゴムを付け、石を挟んで撃つ子供の遊び道具。ゴムカンでソーミナーを射ることもあった。
ゴンゴン
威勢よく走る様子。勢いよく進むさま。
用例
ワランチャーガ ハーエーゴンゴンシ ハイタン(子ども達が どんどん走って 行った)。ハーエー ゴンゴン(勢いよく競走するさま)。
コンマー
片足ずもうでの反則技の名。
メモ
後ろに上げた足の膝で、相手を膝蹴りすること。
コンミカスン
コンと打つ。
yomikomi
読込中...