しまくとぅば単語帳
  • ホーム
  • しまくとぅば単語帳:ス

は、用例やメモ、音声などがあることを示しています

ス(214件)
スイ ナーフヮ
地名(首里と那覇)。
メモ
隣接する二つの地域を並べていう呼び方。
スイイェーグニ
首里親国。
メモ
地方からみて首里を表す言葉。
スイクトゥバ
首里言葉。
スインチュ
首里の人。
スー
父。お父さん。
用例
スーヤ ナーマ ハルカラ ケーテー クーンルアンナー?(お父さんは まだ 畑から 帰って 来ないの?)。
メモ
平民の父の呼称。
スー チョーデー
父のきょうだい。名称。
スーイン
沿う。
スーイン
吸う。
用例
ヒーヌ メーカイ ヲゥイネー キブシ スーインドー(火の 前に いると 煙を吸うよ)。
過:スータン(吸った)否:スーラン(吸わない)希:スーイブサン(吸いたい)継:スートーン(吸っている)。
メモ
対:ハチュン(吐く)。
スーカーワタイ
三途の川を渡る。
用例
チュガ ヲゥランナイニン スーカーワタイシチャンディン イータサ(人が 亡くなったら スーカーワタイシチャン・三途の川を渡ったとも 言っていたさ)。
メモ
類:ミーウティー(目落ち・亡くなった)・トータビカイゥンヂャン(唐旅に行った・亡くなった)・ミークータン(目を瞑った・亡くなった)・ヲゥランナイン(居なくなった・亡くなった)・ヲゥモーランナイン(居なくなられた・亡くなった)・ケーマースン(亡くなった)・トーナタン(限界に来た・亡くなった)・マーヒチャン(亡くなった)・グソーカイゥンヂャン(後生に行った)。
スーカーワタイ シチャン
汐川渡り。
メモ
海や旅先で亡くなった人のことをいう。
スーガラサン
塩辛い。
スーカリグィー
塩から声。しわがれ声。
スーカリムニー
塩から声で話すこと。
スーカン
二十四節気のひとつ。小寒。
スーキ カンナ
地名(宜野座村惣慶と漢那)。
メモ
隣接する二つの地域を並べていう呼び方。
スーギ
祝儀。お祝いの宴。
用例
ヤーノー アンマー スーギヤグトゥ ハマティトゥラシヨー(来年は お母さんの お祝いだから 頑張ってちょうだいね)。
メモ
類:スージ(祝い)。
スーギイリミ
お祝いにかかった費用。
用例
アンマー スーギイリミヤ ジャッサカカタガ?(お母さんの お祝いの費用は 幾らかかったの?)。
スーキーン
潮蹴り。
用例
ンカシェー チュヌマーシーネー ハーマヲゥティ スーキーンディチアタン(昔は 人が亡くなると 浜で スーキーン・潮蹴りというのがあった)。
メモ
死者を送った後に浜で潮を蹴って身を清めた。
スーキリメー
潮蹴飯。
用例
ウチャクンカイ スーキリメー ゥンジャスン(お客さんに 潮蹴飯を 出す)。
メモ
人が亡くなった時に、会葬者に出すご飯。
スーキレー
潮を蹴れ。
用例
スーキリメーン ゥンジャシネー 「スーキレー」ディ イータン(スーキリメーを 出すときには〔汚れを祓いなさいとの意味で〕「スーキレー〔潮を蹴りなさい〕」と 言った)。
メモ
スーキリメーを人に出すときに「スーキレー」といって出す。
スーク
証拠。
用例
ワーガ トゥテーヌ スークヌ アラー ナマスグ ゥンマンカイ ゥンジャシ(私が 取ったという 証拠が あるなら 今すぐ ここに 出しなさい)。
スーゲーシ
潮返し。身を清める儀式。
用例
ダビシンカヤ ハーマヲゥティ スーゲーシシ ミーチューミータン(葬式に参加した人達は 浜辺で スーゲーシ・潮返しをして 身を清めた)。
メモ
野辺送りの帰りに浜に降りて身を清めることをスーゲーシといった。浜で身を清めた後に家に帰ると、家ではサン(すすきで作った魔除け)に塩水をつけて体にふりかけて清めた。
スーコー
焼香。法事。
用例
ウスメー スーコー ウサギーン(祖父の 法事を 行う)。
スーコーヒーコー
年忌の総称。
用例
チカグロー スーコーヒーコーヌ マンディ デージヤン(近頃は 年忌法事が 多くて 大変だ)。
スーサー
【鳥】ヒヨドリ。
用例
スーサーガ トゥドーン(ヒヨドリが 飛んでいる)。
メモ
類:スーシ(ヒヨドリ)。
スーサン
塩辛い。
用例
マースジキサレー スーサヌ マーコーネーン(塩漬けにしたら 塩辛くて 美味しくない)。
メモ
類:スーハン(塩辛い)・スージューサン(塩辛い)。
スーシ
【鳥】ヒヨドリ。
用例
アネッ!ンチンディ スーシガ トゥドーン(ほら!見てごらん ヒヨドリが 飛んでいる)。
メモ
類:スーサー(ひよどり)。
スージ
祝儀。お祝いの宴。
用例
スージン チャーチヂカーシーネー ヲゥタインヤー(お祝いも ずっと続くと 疲れるね)。
メモ
類:スーギ(祝い)。
スージ
小路。小道。筋道。
用例
スージグヮー マガイネー スグ ゥンマナカイアサ(路地を 曲がると すぐ そこにあるよ)。
メモ
類:スージミチ(小路)。
スージガタレー
祝いの前に親せきが集まって相談すること。
用例
アチャヤ ニービチヌ スージガタレーサーヤー(明日は 結婚式の 相談をしようね)。
メモ
祝いの前に親せきが集まって相談すること。
スージグヮー
小路。小道。筋道。
用例
スージグヮー マガイネー スグ ゥンマナカイアサ(路地を 曲がると すぐ そこにあるよ)。
メモ
類:スージミチ(小路)。
スーシスーサー
【鳥】ヒヨドリ。
スージミチ
小路。小道。筋道。
用例
ゥンマヌ スージミチカラ イッチ イチーネー チカサン(そこの 小路から 入って 行くと 近い)。
メモ
類:スージ(小路)。
スージューサン
塩辛い。味が濃い。
用例
チューヌ シルヤ ターガル ニチャラー スージューサン(今日の 汁は 誰が 炊いたのか 塩辛い)。
メモ
類:スーサン(塩辛い)・スーハン(塩辛い)。
スージルー
祝儀。
用例
クンドゥ ヰーテール スージルーヤ マトゥミティ ウッチェーン(今度 貰った 祝儀は まとめておいてある)。
スーダ
梢。木の先。
用例
キーヌ イーヤ スーダ(木の上は梢)。
スーダチ
ムラアシビの予行演習。
用例
スーダチヤ ハジミカラ ウワイマディ ムラシバイトゥ ユヌグトゥ スタン(スーダチ・総立ちは 最初から 終わりまで 村芝居の本番と 同じように 行った)。
メモ
村芝居の本番1週間前に、場慣れをするために関係者全員で公開練習を行うこと。
スーダチグヮー
ムラアシビの予行演習。
メモ
スーダチと同義。
スーチカー
【料理名】豚肉の塩漬け。
用例
スーチカートゥ アギドーフトー イーグーヤンヤー(スーチカー・塩漬けにした肉と 揚げ豆腐は 食べ合わせが良いね)。
メモ
類:スーチカージシ(塩漬けにした肉)。
スーチカージシ
【料理名】豚肉の塩漬け。
用例
スーチカージシヤ ナマヤティン マチヤヲゥティン ウラットーン(塩漬けにした肉は 今でも 店で 売られている)。
メモ
類:スーチカー(塩漬けにした肉)。豚肉を切り分けた後にスーチカージシ(塩漬け肉)にして保存する。現在まで沖縄料理に欠かせない物として皆に食されている。
スーチキー
【料理名】豚肉の塩漬け。
スーチキーン
【料理名】豚肉を塩漬けにする。
スーチジ
会計。
用例
ワッター スーヤ ナゲー アザヌ スーチジ ソータン(私の 父は 長いこと 字の 会計を していた)。
スーティーチャー
ソテツ。蘇鉄。
用例
イクサユーネー スーティーチャーン ヌーン カリル シヌジャル(戦中は ソテツなど 何でも 食べて 凌いできた)。
スーテー
倹約。
用例
ジノー マンドーティン チャー スーテーシーヨー(お金は たくさんあっても いつも 倹約しなさいよ)。
スーテー
所帯・切り盛りすること。
用例
ヤーヌスーテーヤ ヰナグヌル カムイル ヰキガヤ クチェーゥンジャスナ(家を切り盛りするのは 女であって 男は 口出しするな)。
スーテー スン
倹約する。
スーヌハナ
陸に吹き上げる潮水。
用例
カジヌ チューサヌ ウガチカサマディ スーヌハナ アガトール(風が 強くて こんな近くまで 潮水が 吹き上げているね)。
スーネー
酢の物。和え物。
用例
デークニシ スーネーシェーグトゥ マジェー アジ シンディ(大根で 和え物を作ったから まずは 味見を してごらん)。
メモ
類:イェームン(和え物)・イェーイ(和え物)。ウンケーの日の供物。
スーハン
塩辛い。
用例
ウヌ スーチカーヤ イフェー スーハンレー(その 塩漬けにした肉は 少し 塩辛いよ)。
メモ
類:スーサン(塩辛い)・スージューサン(塩辛い)。
スーブ
勝負。
用例
ンカシェー アシブシン イキラサグトゥ ンナガ アチマイネー ヌーガラ スーブスシガ ウーサタン(昔は 遊ぶのも 少ないから 皆が 集まると 何らかの 勝負をすることが 多かった)。
スーブカンジ
勝負被り。
メモ
鉢巻の結び方。
スーマ
潮時。
用例
スーマ ンチル イザイカイヤ イチュンドーヤー(潮時を 見て いざりに 行くんだよ)。
スーマキ
総巻き。棒術の一種。
メモ
棒を携えた演武者たちが、旗頭の周囲を渦巻くように走る。その際、ホラ貝や鉦(ドラ)を鳴り響かす。渦を巻くように走ることから「潮巻き」を意味するとも言われる。
スーマチ
総巻き。棒術の一種。
メモ
棒を携えた演武者たちが、旗頭の周囲を渦巻くように走る。その際、ホラ貝や鉦(ドラ)を鳴り響かす。渦を巻くように走ることから「潮巻き」を意味するとも言われる。
スーマンボースー
小満芒種。
用例
スーマンボースージブノー アメーチャーフイヤタン(小満芒種の時期には ずっと雨続きだった〔雨はずっと降り続いた〕)。
メモ
梅雨時期にあたる5月21日の「小満〔しょうまん〕」から次の節気である6月6日の「芒種〔ぼうしゅ〕」にかけての、雨が最も降る時期のこと。
スーミ
隙見。のぞき見。
用例
チュヌヤー スーミシェー ナランドー(人の家を 隙見しては いけないよ)。
スーミ
趣味。
用例
ワームン スーミヤ シムチユムシ ヤイビン(私の 趣味は 書物を読むことです)。
スーミジ
潮水。
スームン
証文。
スーモー
所望。貰い受ける。
用例
ヤシェーヌ サニヌ フスクシ、ナームンカラ スーモーシミティトゥラシンソーレー(野菜の 種が 不足しているから、貴方の物から 貰い受けさせてください)。スーモーシチャン(いただいてきた)。
希:スーモーシーブサン(貰い受けたい)。
スーラ
先端。梢。枝。
用例
キーヌ スーラカイ トゥイガ トゥマトーン(木の 先端に 鳥が 止まっている)。
ニーカラ スーラマデー チカンクトゥ(根から先まで詳しく聞いてないので)。
スールチ
ひよめき。
用例
スールチ アガイン(のぼせる)。
スガイ
装い。身支度。みなり。
用例
ヒージーカラ チャー スガイヤ リッパシーヨー(普段から いつも 身なりは きちんとしなさいよ)。ギンジャー スガイシ(乞食の身なりで)。
スガイジュラサ
きちんと整えられた身なりの美しさ。
メモ
ゥンマハラセー(競馬)で飾り立てた馬の姿の美しさなどにもいった。
スガイマナガイ
準備万端。
用例
スガイマナガイ ソーン(準備万端にしている)。
スガイン
装う。身支度をする。準備する。
用例
スージカイ イチュグトゥ リッパ スガイン(お祝いに 行くから ちゃんと 装う)。クヮッチー スガイン(御馳走を準備する)。イルイル スガヤーイ(色々準備して)。
過:スガタン(身支度をした)否:スガラン(身支度しない)希:スガイブサン(身支度をしたい)継:スガトーン(身支度をしている)。
スガスン
風に当てる。風に当てて冷やす。
用例
トーフヤ ゥンブチチャーキヤグトゥ カジンカイ スガスン(豆腐は 蒸したじきだから 風に 当てて冷やす)。
過:スガチャン(風に当てた)否:スガサン(風に当てない)希:スガシーブサン(風に当てたい)継:スガチョーン(風に当てている)。
スガリーン
涼む。
用例
アチサヌ キーヌ シチャヲゥテイ スガリーン(暑くて 木の 下で 涼む)。
過:スガリタン(涼んだ)否:スガリラン(涼まない)希:スガリーブサン(涼みたい)継:スガリトーン(涼んでいる)。
メモ
対:ヌクタマイン(暖まる)。
スギーン
そげる。やせ細る。
スギトーン
やせている。
用例
メーリヤカ ユカイ スギトーンレー(以前より かなり 痩せているよ)。
メモ
類:ヨーガリトーン(痩せている)。対:クェートーン(太っている)。
スギバナ
風が吹き上げる崖っぷち。
用例
スギバナカイ タッチーネー アブナサヌ(崖っぷちに 立ったら 危ない)。
スク
【魚】稚魚。アイゴの稚魚。
用例
スクヌ ユティチーネー ハーメーターン ソーキ カタミティ ウミカイ ハイタン(アイゴの稚魚が 寄ってきたら お婆さんたちも ザルを 担いで 海に 行った)。
メモ
旧暦の6月と7月の大潮の日、群れをなしてスク(アイゴの稚魚)が浅瀬まで寄って来るので総出で追い込み漁をした。その日に取れたのは酢をかけてそのまま食べることもあるが、大量に取れるので塩漬けにして保存する。
スク
底。谷。沢。谷底。
用例
ウーキヤ スクマディ リッパ アラリヨー(桶は 底まで ちゃんと 洗いなさいよ)。
スグイケーラスン
殴り倒す。
用例
イーシ チカンヌーヤ スグイケーラスンドー(言うことを 聞かない奴は 殴り倒すよ)。
過:スグイケーラチャン(殴り倒した)否:スグイケーラサン(殴り倒さない)希:スグイケーラシーブサン(殴り倒したい)継:スグイケーラチョーン(殴り倒している)。
メモ
類:スグイヌビーン(殴り倒す)。
スグイタッチョーン
すらっとしていて容姿、体格が整っていること。
用例
アヌ ニーシェーヌ スグイタッチョーシヨー ヌジュマーン マンドーン(あの 青年の 容姿の素晴らしいこと とてももてるよ・惚れる人も 多い)。
スグイヌビーン
殴り倒す。
用例
サキ ヌリ オーティ スグイヌビーン(酒を 飲んで 喧嘩をし 相手を殴り倒す)。
過:スグイヌビタン(殴り倒した)否:スギヌビラン(殴り倒さない)希:スグイヌビーブサン(殴り倒したい)継:スグイヌビトーン(殴り倒している)。
メモ
類:スグイケーラスン(殴り倒す)。
スグイマチ
してやったり。
用例
チューネー スグイマチシ イーヤンベーヤタン(今日は してやったりで 気持ちよかった)。
スクイン
掬う。すくう。すくいとる。
用例
サーターユーンカイ アイコーガ イッチョーシ スクイン(砂糖湯に 蟻が 入っているのを 掬う)。
過:スクタン(掬った)否:スクラン(掬わない)希:スクイブサン(掬いたい)継:スクトーン(掬っている)。
スグイン
いじめる。
スグイン
殴る。
用例
ウットゥビカーン ナケーシーネー スグインドー(弟ばかり 泣かしていたら 殴るぞ)。
クヌ ワラベー チカングトゥ、ブンジラーシ スグレー(この子どもはきかないから、棒で殴れ)。バンナイスグヤースン(ばんばん殴る)。
過:スグタン(殴った)否:スグラン(殴らない)希:スグイブサン(殴りたい)継:スグトーン(殴っている)。
スグイン
刮ぐ。削る。
用例
ダキ スグヤーニ ンメーシ チュクイン(竹を削って箸を作る)。
メモ
ヒジュン(削る。薄く削り取る。)と同義。
スクガラス
スク(アイゴの稚魚)の塩漬け。
用例
スクガラスヤ トーフヌ イーンカイ ヌシティ ソーユー カキティ カミーネー マーサン(稚魚の塩漬けは 豆腐の 上に のせて 醤油を かけて 食べると 美味しい)。
スクシチ
スク(アイゴの稚魚)曳き。
メモ
大量に取れたスクは塩漬けにしておいた。
スクチナチュ
ひょうきん者。
メモ
類:スクチナムン・スクチャー。
スクチナムン
ひょうきん者。
用例
ワッター スーヤ アンシ スクチナムン ヤタルヤー(私たちの お父さんは とても ひょうきん者だったね)。イェンチュヤ スクチナムン(鼠はひょうきん者)。
チャタンマジリヤ スクチナムン、13ワラビニ ウトゥムタチ、イチャシガ ニンタラ カサギラチ(北谷間切は粗忽な者、13歳の子どもに夫をもたせて、どうして寝たのか孕ませて〔狂歌〕)。
メモ
類:スクチナチュ・スクチャー。
スクチャー
ひょうきん者。
用例
スクチャーヤッサー(そそっかしいね)。
メモ
類:スクチナムン・スクチナチュ。
スクドーン
潜む。
用例
スクドータン(潜んでいた)。
スクナイン
損なう。損ねる。
用例
ヤナガンマリスンディ ドゥースクナインテー(悪ふざけをしたら 体を損なうよ・怪我するよ)。
スクナイし(怪我をして)。ヌチスクナタン(命を落とした)。
過:スクナタン(損なった)否:スクナラン(損なわない)継:スクナトーン(損なっている)。
スクブン
持ち分。やるべきこと。
用例
ドゥーヌ スクブンヤ ユーワカティ シクチェーシーヨー(自分の やるべきことは よく理解して 仕事をしなさいよ)。
スクムン
潜む。すくむ。縮こまる。縮み上がる。
用例
ミーアティララングトゥシ ヰースヌ シチャンカイ スクムン(見つからないように 椅子の 下に 潜む)。
メモ
類:シクムン(潜む)。
スクムン
巣ごもる。巣につく。
スグリトーン
優れている。
用例
ジナノー チョーデーイチ スグリトーン(次男は 兄弟で一番 優れている)。
スグリムン
優れ者。優れた人。秀才。
用例
ターヤティン シーヨーヌアレー アトー スグリムンナイン(誰でも やり方次第で 後は 優れ者になれる)。
スグリムンガ ゥンジネー、タナガームンディチ(優れた者がでると、変わり種だといって)。
メモ
類:スグリヤー(優れ者・優れた人)。
スグリヤー
優れ者。優れた人。秀才。
用例
グナサイニカラ ヌーンクイワカティ フルイーネー スグリヤーナイサ(小さい頃から何でも知っていて 大きくなったら 優れた人になるよ)。
メモ
類:スグリムン(優れ者・優れた人)。
スクンドゥイ
年をとり、卵をうまなくなった鶏。
用例
スクンドゥイヌ グトー アサ(年をとり、卵をうまなくなった鶏のようだ〔精気がなく、役に立たない。失恋したような人にいった〕)。
メモ
廃鶏〔はいけい〕。
スジカーラカスン
風に当てて(吹かれて)乾かす。
用例
センタクムノー カジヌチューサグトゥ スジカーラカスン(洗濯物は 風が強いから 風に当てて乾かす)。
過:スジカーラチョーン(風に吹かれて乾いている)継:スジカーラカチョーン(風に当てて乾かしている)。
スジュミーン
片づける。
用例
チューヤ ウチャクガ チューグトゥ ヤー スジュミーン(今日は お客さんが 来るので 家を 片づける)。スジュミラン(片付けない)。
メモ
類:カタジキーン(片づける)。対:チラカスン(散らかす)。
スジュン
気持ち。
用例
ジノー ネーランティン ウレー ワームン スジュンヤサ(お金は なくても それは 私の 気持ちだよ)。
スジョー
素性。育ち。
用例
スジョーン ワカランネー チカイサングトゥ ナーチュケーノー チチクーワ(素性も 分からないと 使えないから もう一度 聞いてきなさい)。
スシラン
そしらず・そしられず。
用例
チュンスシラン(人をそしらず)。スシララン(そしられず)。
スス
裾。
用例
チンヌ ナガサラー イフェー スス カナギレー(着物が 長かったら 少し 裾を まくり上げなさい)。
ススイ
雑巾。
用例
ススイ ムッチチャーマ ゥンマヌ ユグリトーシ ススティトゥラシェー(雑巾を 持ってきて そこの 汚れたところを 拭いてちょうだい)。
ススイン
拭く。ぬぐう。
用例
ユグリーネー アトゥカラ ススインテー(汚れたら 後で 拭くさ)。
過:ススタン(拭いた)否:ススラン(拭かない)希:ススイブサン(拭きたい)継:スストーン(拭いている)。
ススチラー ザチマー
座喜味字民の性質。
メモ
座喜味の人は裾が擦りきれるまで大事に着る倹約家。
ススミチバル
楚々道原(波平の小字)。
ススヤー
拭くもの。ぬぐうもの。
スソー
粗末。
用例
ドゥーガ シカングトゥディチ スソーサンキヨー(自分が 気に入らないからといって 粗末にするなよ)。
メモ
類:スソーン(粗末)。
スゾー
楽しみ。
用例
マルケーティヌ シバヤナティ イッペー スゾーサンドー(たまに見る 芝居で とても良かった・楽しんだよ)。
メモ
芝居を見に行ったり、旅に出かけて楽しんだ時に、スゾーサン(楽しかった)などと使う。スジョーともいう。
スソーン
粗末にするさま。
用例
ヌーティーチン スソーン サンキヨー(何ひとつ 粗末に するなよ)。
スソーンサッティ(苛められて)。ジコー スソーンサリヤーイ(大変虐待されて)。スソーンクヮソーン(子を粗末にしている)。
メモ
類:スソー(粗末)。苛め。虐待。粗相。
スダカラン
住めない。生活できない。暮らせない。
スダチグン
育った所。
用例
スダチグンヌ カー(育った所の井泉)。
スダチュン
育つ。
用例
ナナチマディ ナーファヲゥティ スダチュン(七歳まで 那覇で 育つ)。スダキよー(暮らしなさい)。
過:スダチャン(育った)否:スダカン(育たない)希:スダチーブサン(育ちたい)継:スダチョーン(育っている)。
スダティーン
育てる。
用例
ウヤー ヲゥラングトゥ ワンガ ウヌ クヮ スダティーン(親が いないから 私が その 子を 育てる)。
過:スダティタン(育てた)否:スダティラン(育てない)希:スダティーブサン(育てたい)継:スダティトーン(育てている)。
スダティヌウヤ
育ての親。
用例
スダティヌウヤヤ ヲゥティン ソーウヤル カメーティ ハイサヤー(育ての親は いても 実の親を 探しに 行くんだね)。
スダティングヮ
育てた子。
用例
スダティングヮルヤシガ ドゥーヌ クヮヌグトゥ カナサソーン(育て子なんだが 自分の 子のように 可愛がっている)。
スップイン
口にくわえて吸う。しゃぶる。
用例
ワランチャーガ アップリ スップイン(子ども達が 飴玉を しゃぶる)。
アカングヮーンデレーヨ、ハーガ ミーランヌー トゥビーイチャー スップラセーディータンド。アンシ ハーヌ ミーユサンチ(赤ちゃんにはね、歯が生えないのにはトビイカ(スルメ)をしゃぶらせなさいといったよ。そうすれば歯が生えるといって)。
スディ
袖。
用例
スディ カナギトーティ シクチスン(袖を まくり上げて 仕事をする)。
スディカチミヤー
袖を掴まえる人⇒お側付き。
スティチ
ソテツ。蘇鉄。
用例
ナーンカイ スティチガ イクチン イーラットーン(庭に ソテツが 何本も 植えられている)。
スティチバー
ソテツの葉。
用例
カリ スティチバー アチミティ メーシェーワ(枯れている ソテツの葉を 集めて 燃やしなさい)。
スティチブックイ
ソテツの芯にある柔らかい綿。
用例
ンカシヤ マーインネーングトゥ スティチブックイシ チュクイタン(昔は 毬もないから ソテツの芯にある柔らかい綿で 作っていた)。
スティチャー
ソテツ。蘇鉄。
スデー
お祝いや法事の時におくるお金。祝儀。
用例
イャーヤ スデー ムッチョーミ(お前は祝い金を持っているか)。
メモ
接頭辞「ウ」をつけて「ウスデー」「御酒代」と書く。
スナワイ
備え。
用例
イチナンドゥチ ヌーガアラー ワカラングトゥ スナワイヤ ガンジューラシヨー(いつ何時 何があるか 分からないから 備えは しっかりしておきなさいよ)。
スナン ヤマグスク
地名(うるま市石川楚南と山城)。
メモ
隣接する二つの地域を並べていう呼び方。
スネー
お供え。
メモ
12月28日に豚肉料理を仏壇に供えることを8日のスネーといった。
儀間では肉を入れたマッカイグヮー(椀)を持って親や伯父伯母の家へ年の暮れの挨拶に行った。それにマッカイジューネーと言った。
スネーイ
行列。
用例
カジマヤーヌ スネーイヤ ナンジカラガヤー(カジマヤー祝い・97歳祝いの 行列は 何時からねぇ)。スネーイカイ(行列に)。
スネーイン
行列する。練り歩く。
スネーティ メーンドー
行列でいらっしゃる。連なっていらっしゃる。
スバ
ソバ。沖縄そば。
用例
ナゲー スバ カマンナタレー アッタニ フークナトーサ(長いこと ソバを 食べなかったから 急に 欲しくなったさ)。
スバ
側。かたわら。脇。
用例
ゥンマヌ ガジマルヌ スバナカイ ウッチェーシェー イャームンヤサ(そこの ガジマルの 側に 置いてあるのは 君の物だよ)。
スバハラ
側の方。かたわら。周辺。
スバヒラ
側の方。かたわら。周辺。
用例
グスクヌ スバヒラ(城の周辺)。
スバヒラー
側の方。かたわら。周辺。
用例
ミチ アッチーネー スバヒラーン ユーンチ アッキヨー(道を 歩く時には 周辺も よく見て 歩きなさいよ)。
スバヤー
そば屋。
用例
アネッ!スバヤーガアルムン ウマヲゥティ アサバン カマナ(ほら!そば屋があるから そこで 昼飯を 食べようか)。
スビ
地名(読谷村楚辺)。
スビ トゥグチ
地名(読谷村楚辺と渡具知)。
メモ
隣接する2つの地域を並べていう呼び方。
スビ トグチ
地名(読谷村楚辺と渡具知)。
メモ
隣接する二つの地域を並べていう呼び方。
スビ ミーハガー
楚辺字民の性質。
メモ
楚辺はただれ目(が多い)。楚辺は水の便が悪く、ただれ目が多いといわれた。
スビイナン
楚辺の地名。イナン干瀬。
メモ
楚辺兼久(現トリイビーチ)前にある広いリーフ。豊かな漁場として知られる。
スビガニク
地名(読谷村楚辺兼久)。
メモ
海岸にあった馬場で、『明治十三年沖縄県統計概表』(1880年)に「楚辺馬場」として広八間(幅約15m)、袤二町一九〇(長さ約253m)とある。旧暦4月15、16日のアブシバレーに中部地区の組合主催でンマハラセー(競馬)が開かれ、首里・那覇からも見物客が来た。食べ物やおもちゃの出店が並び大人から子供まで楽しんだ。明治末頃にはここで古堅尋常小学校の運動会も催された。現在は米軍が一帯をトリイビーチとして使用する。この際、楚辺の人びとはカラマカーポーポーで来訪者をもてなした。
スビガラサー
楚辺字民の性質。
用例
スビガラサーディシェー ガラサーガ ナチュンネーシ ユーアビーンディ(スビガラサー・楚辺烏といって カラスが 鳴くように よくしゃべるんだって)。
メモ
楚辺カラス。
誰にでもものおじせず話し、社交性に富む字民性を言い表す。
スビカリーン
ひきずられる。引っぱられる。
用例
ムヌンカイ スビカッティル アンテー(魔物に引っぱられていったのかな)。
スビクラガーンム
楚辺暗川甘藷。甘藷の品種。
スビチュン
引きずる。
用例
ウヌママシェー ナガサグトゥ スビチュンドー(そのままでは 長いから 引きずるよ)。
過:スビチャン(引きずった)否:スビカン(引きずらない)希:スビチーブサン(引きずりたい)継:スビチョーン(引きずっている)。
スビチュン
連行する。拘引する。
用例
スビカリンリヤーニ(連行されるからと)。スビカン(拘引されない)。スビチイチュン(連れて行く)。
スビナイン
終わる・終了。
用例
ナー アチャヲゥテー サーターシーン スビナイン(もう 明日で 製糖期も 終わる)。
過:スビナタン(終わった)否:スビナラン(終わらない)希:スビナイブサン(終わりたい)継:スビナトーン(終わっている)。
メモ
類:ウワイン(終わる)。対:ハジマイン(始まる)。
スビポーポー
【料理名】菓子の一種。
メモ
カラクイポーポー、カラマカーポーポーともいう。
麦粉、砂糖、水などを混ぜて平たく焼き、端からくるくると巻いたもの。旧暦四月のアブシバレー(行事)には楚辺でゥンマハラシー(競馬)があり、楚辺に親戚がいる人は各家自慢のスビポーポーを食べるのが楽しみだったという。
スビミーハガー
楚辺ただれ目。
メモ
カビギンガーから流れ出る水がカーグヮーに溜まり、その水で洗顔や飲料に使ったのでミーハガーになる者が多かった。
スビミチ
楚辺道。
メモ
楚辺の人たちが薪採りに久得へ行ったり、女たちが頭上にワラビ(蕨)などを載せて楚辺に運んでいた道で、スビミチと呼んでいた。楚辺から持ってきた甘藷とワラビを交換することもあった。
スビヤマ
楚辺山。
メモ
楚辺の集落が所有管理する山林。
スビンチュ
楚辺の人。
スブイ
冬瓜。
スブユン
搾る。
用例
スブヤーニ(搾って)。
スベクラガーゥンム
【植物】芋〔イモ〕の品種名。楚辺暗川甘藷。
ズボングヮー
ズボン。
スミーン
染め屋。染め物屋。
用例
ウヌ チンヤ イル ハギトーグトゥ スミーン(その 着物は 色が 落ちているから 染める)。
過:スミタン(染めた)否:スミラン(染めない)希:スミーブサン(染めたい)継:スミトーン(染めている)。
スミケースン
染め替える。
用例
イルヌ シカングトゥ スミケースン(色が 好きじゃないから 染め替える)。
過:スミケータン(染め替えた)否:スミケーラン(染め替えない)希:スミケーイブサン(染め替えたい)継:スミケートーン(染め替えている)。
スミヤ
染め屋。染め物屋。
用例
スミヤンカイ ムッチ ゥンジ クルジナー スミーン(染屋に 持って 行って 仕事着を藍色に 染める)。
スムサギティ
霜降の節。
メモ
在来種の稲を撒く10月頃。
スムチ
書物。書物で占う人。占い師。
用例
ヌーガラアイルスラー スムチ イチャイガ イキワルナインレー(何かあるのか 占い師に 会いに 行かなくちゃいけない)。スムチヌヤー(易者の家)。
メモ
主に易書をもとにして運勢や建築の日取り、方向などを占う者。
スムチュン
背く。
用例
クヮヌゥンジトーティ ウヤンカイ スムチュンナー(子どものくせに 親に 背くのか)。
過:スムチャン(背いた)否:スムカン(背かない)希:スミチーブサン(背きたい)継:スミチョーン(背いている)。
スムバタラチ
下働き。台所仕事。
スムン
済む。
スラースン
整える。
用例
イチレツ ナラビーシ リッパグヮー スラースン(一列に 並べて きれいに 整える)。
過:スラーチャン(整えたい)否:スラーサン(整えない)希:スラーシーブサン(整えたい)継:スラーチョーン(整えている)。
スラカリーン
生育する⇒生活できる。
スラクン
育つ。
用例
ウヤンチャーヤ モーキーガ ゥンジ ファーフジヌ ヤーヲゥティ スラクン(両親は 出稼ぎに 行き 祖父母の 家で 育つ)。
メモ
類:スラチュン(育つ)。
スリ
袖。
スリー 
揃い。集会。
用例
チューヌ スリーヤ ヌーヌ ハナシヤガヤー(今日の 集まりは 何の 話かな)。
スリーズリー
皆が揃うこと。
用例
スリーズリー アチマイネー アンシ チュラサル(皆が揃って 集まると とても きれいだね)。
メモ
(良い意味で使う)。
スリーン
集まる。
スリケーイン
反り返る。
用例
ワッター ワラビヤ ナチーネー スグ スリケーイン(私の 子は 泣くと 直ぐに 反り返る)。スリケートータン(ひっくり返っていた)。
過:スリケータン(反り返った)否:スリケーラン(反り返らない)希:スリケーイブサン(反り返りたい)継:スリケートーン(反り返っている)。
メモ
スリケーユンともいう。
スリチラー
袖切れ。袖の無い着物。
スリチラーウッチャキグヮー
袖無しのちゃんちゃんこ。
スリティ
揃って。一緒に。
用例
シートゥンチャーヤ スリティ マーガラカイ ハイタン(生徒たちは 揃って どこかへ 行った)。
スリテーワカイワカイ
会合を繰り返し。
用例
スリテーワカイワカイシ(会合を繰り返して)。
スリテーワカリワカリ
会合を繰り返し。
スリトーン
真っすぐ。
用例
ウヌキーヤ ムル チャンリッパ スリトーンヤー(その木は 全部 ちゃんと伸びて真っすぐだね)。
スルカ
裏座。
用例
スルカンカイ ナラビラットーサ(裏座に 並べられているよ)。
メモ
類:クチャ(裏座)・ウラジャ(裏座)。
スラッカともいう。
スルガー
棕櫚〔シュロ〕の皮。
スルガーチナ
棕櫚〔シュロ〕で作った綱。
スルスルー
手触りがなめらかなもの。
スルル
【魚】キビナゴ。
用例
スルルグヮー コーティチェーグトゥ マジョーン カマナ(きびなごを 買ってきたから 一緒に 食べよう)。
スルルー
【魚】キビナゴ。
用例
スルルグヮー コーンチョーレー(きびなご買ってください。行商の掛け声)。
スルルグヮー
【魚】キビナゴ。
用例
スルルグヮー コーティチェーグトゥ マジョーン カマナ(きびなごを 買ってきたから 一緒に 食べよう)。
スルルムシ
虫の一種、名称。
用例
スルルムシガ ゥンジレーカラー ヲゥージンヌーン ムル ウチュクヮーリンドー(スルルムシが 出たら キビなども 全部 喰われてしまうよ)。
スン
する。
用例
チューン ヲゥドゥイヌ チーク スンナー?(今日も 踊りの 稽古をするの?)。
スン
損。
用例
スンサングトゥニ リッパ サンミンスン(損しないように ちゃんと 計算する)。
スンカー
追い込み漁。
用例
ンカシヤ スンカーシル イヨー トゥイタル(昔は 追い込み漁で 魚を 取っていたんだよ)。
スンカーカラカー
複数人を連れ歩く様子。
用例
ワランチャー スンチャーカラチャーシ マーカイ イチュルチムエーガ?(子ども達を 何人も引き連れて どこに 行くつもりなの?)。
メモ
類:スンチャーカラカー(複数人を連れ歩く様子)。
スンカーニービキ
結納や結婚式をせずに連れ去るように嫁にもらうこと。
用例
ンカシェー ジヌン ネーラングトゥ スンカーニービキル ヤタルヨー(昔は お金も ないから 何の儀式もせずに連れて行ったんだよ)。
スンカーバーエー
いくつも絡まっている様子。
用例
ハルヌ ゴーヤーカラ ナーベーラーカラ ムル スンカーバーエーシ トゥイグリサン(畑の ニガウリや ヘチマが 全部 絡まって 収穫しにくい)。
スンカーヒンカー
引きずって歩いている様子。
用例
チナ スンカーヒンカーシ アマカイ ハイタンレー(綱を 引きずって あそこに 行ったよ)。
メモ
類:スンチャーヒンチャー(引きずって歩いている様子)。
スンカーリーン
引きずられる。引っぱられる。
用例
マジムヌンカイ スンカーリーン(魔物に引きずられる)。
スンカブイ
損をする。
用例
スンカブイシン アワサンサ(損ばかりして どうしようもないさ)。
メモ
アワサンは物事が追いつかない、バランスが取れない状態のこと。
スンカリーン
引きずられる。引っぱられる。
用例
マジムンカイ スンカッタン(魔物に引きずられた)。
スンカン
【民具】磁器のどんぶり。
用例
スンカンカイ シル イッティクーワ(スンカンに 汁を 入れて きなさい)。
メモ
磁器碗。汁碗。汁碗。汁碗。飯椀。椀には模様があり、大和物だったのではないか。
スンカンマカイ
【民具】磁器のどんぶり。
スンクムン
染み込む。
用例
ユグチェーラー ヘーク アラランレー スンクムンドー(汚したんだったら 早く 洗わないと 染み込むよ)。
否:スンクマン(染み込まない)継:スンクドーン(染み込んでいる)。
スンクン
引っ張る。
用例
チナ マッスグシーブサグトゥ タイシ スンクン(綱を 真っすぐに伸ばしたいから 2人で 引っ張る)。
メモ
類:スンチュン(引っ張る)。
スンサー
損をする人。
用例
イャーヤ ミッタ スンサーヤル(お前は 本当に 損ばかりしている)。
スンチアッチョール
引いて歩いている。
スンチゥンジャスン
引っ張り出す。
用例
イーシン チカングトゥ フカンカイ スンチゥンジャスン(いうことも 聞かないから 外に 引っ張り出す)。
過:スンチゥンジャチャン(引っ張り出した)否:スンチゥンジャサン(引っ張り出さない)希:スンチゥンジャシーブサン(引っ張り出したい)継:スンチゥンジャチョーン(引っ張り出している)。
スンチケースン
引きずり倒す。
スンチケーラスン
引きずり倒す。
用例
クサムニービカーンシーネー スンチケーラサリサヤー(ませた物の言い方ばかりしたら 引きずり倒すぞ)。
過:スンチケーラチャン(引きずり倒した)否:スンチケーラサン(引きずり倒さない)希:スンチケーラシーブサン(引きずり倒したい)継:スンチケーラチョーン(引きずり倒している)。
スンチャー
人をだまして連れ去る者。
スンチャーカラカー
複数人を連れ歩く様子。
用例
ワランチャー スンチャーカラカーシ イクタイソートーガ?(子どもたちを 何人も引き連れているが 一体何人連れているの?)。
メモ
類:スンカーカラカー(複数人を連れ歩く様子)。
スンチャーヒンチャー
引きずって歩いている様子。
用例
イン スンチャーヒンチャーシ マーカイ ソーティ イチュガ?(犬を 引きずって どこに 連れて 行くの?)。
メモ
類:スンカーヒンカー(引きずって歩いている様子)。
スンチュン
引っ張る・引きずる。
用例
カーマ アママディ スンチュンテー(ずっと あそこまで 引きずって行くさ)。
スンチ アッチュン(引きずって歩く)。スンチンジャスン(引きずり出す)。
過:スンチャン(引っ張った)否:スンカン(引っ張らない)希:スンチーブサン(引っ張りたい)継:スンチョーン(引っ張っている)。
メモ
類:スンクン(引っ張る)。
スンテーサンテー
やるかやらないか曖昧なこと。
用例
スンテーサンテーシ イチマディ ゥンマンカイ タッチョーガ?(やるのかやらないのか迷っているが 何時まで そこに 立っているの?)。
スントゥク
損得。
用例
ヌーサワン カンナジ スントゥクヤアン(何をするにしても 必ず 損得は出てくる)。
スントゥクミミ
損得耳。
用例
ワンネー スントゥクミミムッチョーグトゥ ヤナクトー チカランシェー(私は 損得耳だから 嫌な事は 聞こえないよ)。
メモ
都合のいいことだけ聞こえる耳。
自分に得することは聞くが、損することは聞こえないふりをすること。都合のいいことだけ聞こえる耳。
スントゥクミンカー
都合のいいことだけ聞き、悪いことは聞こえないふりをする者。
yomikomi
読込中...