読谷村史 > 「戦時記録」上巻 > 第一章 太平洋戦争

<-前頁 次頁->

 米軍上陸

読谷海岸のリーフ内を進軍し、無血上陸する米軍(1945年4月1日)
上空から見た米軍の上陸作戦のようす。比謝川河口から水釜沖(4月4日)
上陸直後から渡具知港に物資を陸揚げする米軍
 一九四五年(昭和二十)三月二十三日から沖縄諸島は米軍の激しい空襲にみまわれた。二十四日からは艦砲射撃も加わった。沖縄上陸作戦の開始である。グアム島を発進した沖縄攻略部隊は、艦船約一五〇〇隻、上陸部隊七個師団一八万三〇〇〇人、後方の支援部隊を加えると総勢五四万八〇〇〇人の兵員を投入した。このほか、イギリス太平洋艦隊がアメリカ第五艦隊に所属して宮古・八重山に艦砲射撃を加えた。
 米軍の最初の目標は、慶良間諸島の確保であった。沖縄本島上陸にそなえて、水上機基地と艦隊投錨地を確保し、神山島を占領して沖縄上陸の掩護砲撃をするためであった。
 米軍は、空母と駆逐艦の護衛のもとに上陸作戦にのぞんだ。三月二十六日、阿嘉・慶留間・座間味に上陸、二十七日には渡嘉敷に上陸、二十九日には慶良間全域を手中におさめた。この戦闘の間に、慶留間・座間味・渡嘉敷では、日本軍の強制によって凄惨(せいさん)な「集団死」事件がおこった。
 米軍は、沖縄本島上陸前の一週間で約四万発の砲弾を撃ち込み、延べ一六〇〇機の艦載機で銃爆撃を加えた。
 四月一日、米軍は沖縄本島中部西海岸の読谷山・北谷に上陸、北飛行場と中飛行場を占領し、四月五日頃までには宜野湾村宜野湾以北の中部一帯を制圧した。米軍の上陸地となった読谷山村、北谷村などでは、住民の悲惨な「集団死」事件が発生した(詳細は第二章参照)。
 米軍は四月五日、読谷山村比謝に海軍軍政府を樹立、ニミッツ布告を発して軍政に着手した。沖縄戦後史の始まりである。
 上陸米軍の主力は首里方面へ向けて進撃し、米第六海兵師団は海岸線づたいに北上した。四月二日には東海岸の石川に進出し、四月五日頃には金武・宜野座の海岸線を制圧、七日には久志村の瀬嵩に達した。
 西海岸を北上した米軍は、四月六日に幸喜に上陸した部隊と合流し、七日に屋部、八日に伊豆味に進出、九日に運天港からも上陸した。十日には、本部半島を包囲し、次第にその包囲網を狭め、宇土部隊の籠っている八重岳に集中砲火をあびせた。羽地に入って本部半島を遮断して北上した部隊は、四月十三日には辺戸岬まで進攻した。
 伊江島では四月十六日に米軍が上陸し、二十一日には島全体を制圧している。生き残った住民約一七〇〇人は、米軍によって渡嘉敷島に移送された。米軍は伊江島飛行場を本土侵攻の拠点として拡張強化していった。その後の伊江島の人びとは、赤松隊の降伏の後に沖縄本島東海岸の久志村大浦崎に移され、それから本部の健堅の浜に移動し、島に帰ったのは敗戦の翌年であった。
 上陸部隊の主力は、首里の日本軍主陣地をめざして総攻撃を開始した。首里北方の浦添村前田、宜野湾村嘉数の嘉数高台を中心に、一進一退の攻防戦が四〇日間も続いた。この戦闘で日本軍は主戦力の八割を失った。
 五月下旬、首里は陥落した。牛島司令官は首里を放棄して、島尻の摩文仁へ撤退した。首里撤退のとき、牛島司令官は八原高級参謀に次のように語っている。
 「余が命を受けて、東京を出発するに当たり陸軍大臣、参謀総長は軽々に玉砕してはならぬと申された。軍の主戦力は消耗してしまったが、なお残存する兵力と足腰の立つ島民とをもって、最後の一人まで、そして沖縄の島の南の涯、尺寸の土地の存する限り戦い続ける覚悟である」(八原博道『沖縄決戦』)。

 沖縄守備軍のこのような方針は、沖縄戦の最後まで貫徹された。
 六月中旬頃には、日本軍の残存兵は、南部に追いつめられていた。直径七キロメートルの円内に入るような狭い地域に、三万人の日本軍と一〇万人の住民がおしこめられていた。日本軍は住民の避難壕を奪い、あるいは軍民雑居の壕では泣き叫ぶ乳幼児を殺害した。米軍は、洞窟にかくれている住民と日本軍に投降をよびかけた。しかし日本軍は、投降勧告にしたがって出ていこうとする者を射殺した。米軍は、陸上からは砲兵部隊と戦車部隊によって、海からは艦砲射撃によって集中砲火をあびせた。一平方メートルに一発の割合で砲弾が降ってきた。歩兵部隊は火焔戦車と手りゅう弾によって、洞窟をひとつびとつ攻撃して、日本兵をせん滅していった。米兵は、これをジャップ・ハンティングといったが、バックナー中将の戦死後は、報復のための住民虐殺も増えた。
 六月二十二日、牛島満司令官・長勇参謀長らの自決によって沖縄戦の組織的な戦闘は終わった。牛島司令官らの自決以後も、なお戦闘はつづいた。真壁村の真栄平一帯で戦闘をつづけた第二四師団(山部隊)の残っていた将兵が自決したのは六月三十日であった。
 米軍が沖縄作戦の終結を宣言するのは七月二日であるが、その後も洞窟にたてこもった日本兵の抵抗はつづき、八月下旬になって集団投降する例もあった。
 宮古群島や八重山群島では、八月十五日まで実質的には戦闘状態がつづき、九月上旬になって日本軍の武装解除がおこなわれた。

<-前頁 次頁->

読谷村史 > 「戦時記録」上巻 > 第一章 太平洋戦争