わらべうた

サチバルモー さちばるもー

サチバルモーぬ綾牛(あやうし)ぐゎー ()(うむ)とーてぃ(なー)ちゅが

アンマー(うむ)てぃる(なー)ちゅる

あまから()いるアンマーや ()ぁアンマーに()ちょーる

草履(さば)くましぇー 薙刀(やぎなた)草履(さば)くり

着物(ちん)くしれー 大綾(うふあや)着物(ぢん)()

(まち)かいやらしぇー 饅頭(まんじゅう)バーキに(てぃー)たたくり

うち(くゎ)てぃねーらん なーちゃーすが

しーみるさーびる しーみるさーびる

説明文

「崎原(さちばる)の野原の仔牛たちは、誰を思ってないているのか。お母さんのことを思ってないているんだよ。向こうから通るのは私のお母さんに似ている」 崎原というのは残波岬一帯の小字名のことで、宇座、瀬名波ではよく歌われていました。放牧されている牛がないている光景と、泣いている子を背負っている我が身を重ね、母親を恋い慕う歌意です。後半は「はき物ををはかせば左右はき違いで、着物は柄の大きい着物を着る子を市へ使いに出すと、まんじゅうの入ったカゴに手を入れて食べてしまった。もうどうしようか。いいんじゃないか、いいんじゃないか」と、一転して滑稽な様子が加えられ、むやーなー(守姉、子守りを担当する子)同士の遊び歌のようにも感じられます。

videocam
insert_emoticon