しまくとぅば単語帳
  • ホーム
  • しまくとぅば単語帳:ヒ

は、用例やメモ、音声などがあることを示しています

ヒ(444件)
ヒー
~ね。
用例
イカヒー(行きましょうね)。アンサヒー(そうしましょうね)。ヌマヒー(飲みましょうね)。
ヒー
おなら。屁。
用例
ヒーヤ アカングヮカラ トゥスイマディ ターヤティン ヒールスル(おならは 赤子から 年寄りまで 誰でも 出るんだよ)。
ヒー
火。
用例
ヒーヤ チャーチー?(火は 消したねぇ?)。
ヒー
樋〔とい〕。
ビーグ
【植物】イグサ。藺草。
メモ
備後藺。畳にもビーグと言った。
ビークーニー
料理名。豚の臓物を調理した物。
メモ
師走27日のウヮークルシーに屠った豚の臓物をンブシー(蒸し煮)したもの。
ヒーグクチ
癲癇〔てんかん〕の一種。
メモ
火を見ると引き起こされる癲癇。
ヒークシ
難癖。
用例
チュヌ ヒークシビカーン カメーティン ドゥーヌ タミネーナラン(人の 難癖ばかり 探しても 自分の ためにはならない)。
ヒーグチャー
ラッパ飲み。
用例
ヌーガラカイ イッティ ヌメー シムルムンヌ ヒーグチャーシ(何かに 入れて 飲めば いいのに ラッパ飲みして)。
ヒーグトゥ
火事。
ビーグムシスル
イグサで編んだ筵〔むしろ〕。
用例
ビーグムスルヤ ガンジューサヌ ナゲーチカーリーン(藺草で編んだむしろは 頑丈で 長いこと使える)。
ヒーグラシ
その日暮らし。
用例
イチマディタッチン チャー ヒーグラシルヤル(いつまで経っても いつも その日暮らしだよ)。
ヒーグルマー
蒸気船。
用例
ヒーグルマーガ トゥーイネー ミジラサヌ ンジーガハイタン(蒸気船が 通ると 珍しくて 見に行った)。
ヒーゲーシ
火返し。
用例
ンカシヤ クヮジヌ ゥンジーネー ヒーゲーシシ ヤクバレースタン(昔は 火事が 出ると ヒーゲーシ・火返しをして 厄払いをした)。
メモ
火事が多い時期、広場に仮小屋を造って燃やし、家事を防ぐ意味で火返しをした。
伊良皆ではクシダカリ、メンダカリ両方でそれぞれ小屋を作った。場所は不定だが、東方向には造らない。集落外れの空き地、現在の伊良皆公民館の西側、イリムティグヮー(西)付近が多かった。小屋は各戸から集めたハーガラグヮー(枯葉など雑木)で造る。
ヒーサ
寒さ。
ヒーサー
日取りを選ぶ人。
ヒーサカー
寒さに震え。
用例
ヒーサカーシ(寒さに震えて)。
ヒーサガタガタ
寒さでガタガタ震えるさま。
用例
ヒーサガタガタスシヤカ マンドーヌ チン カサビレー(寒さで震えるよりは 着物も沢山あるんだから 重ねなさい)。
ヒーサグファイ
寒さで凍えるさま。
用例
ヒーサグファイシ(寒さで凍えて)。
ヒーサクリサ
寒さ苦しさ。
用例
ヒーサクリシササッティ(寒く苦しい思いをさせられて)。
ヒーサゴーイ
寒さで凍える。
ヒーサマガイ
寒くて縮こまること。
用例
カンジュシン ネーンガアラー ヒーサマガイシ ニントーサ(被るのも ないのか 寒さで縮こまって 寝ているさ)。
ヒーサミー
寒がり。
用例
ヒーサミーヌ ゥンジトーティ フカマールービカーン シアッチ(寒がりの くせに 外を出歩いてばかりで)。
メモ
対:アチサミー(暑がり)。
ヒーサン
寒い。
用例
アミグヮーフタレー ヒーサンヤー(雨が降ったから 寒いね)。ヒーサンアシガヤ(寒くはあるが)。ヒーサヌ(寒くて)。ヒーク ナトーン(寒くなった)。
メモ
類:ヒーハン(寒い)。対:アチサン(暑い)。
ヒージー
平生。平常。ふだん。
用例
ヒージーカラ ウヤミーメーヤ シワルヤル シチグヮチ ソーグヮチビカーンシェー ナランデー(平生から 親の顔を見に 行かないと 盆と 正月だけでは だめだよ)。
マルヒージー(普段は)。ヒージーヌ クラシ(日々の暮らし)。
ヒージーキヤー
普段着。
用例
ワンネー ヒージーキヤーディチン ニサンメール アタル(私は 普段着といっても 2、3枚しかなかった)。
メモ
類:ヤーカラキヤー(普段着)・ヒージーチヤー(普段着)・ヤーカラチヤー(普段着)。
ヒージーチヤー
普段着。
用例
ワンネー ヒージーチヤー チチイチュン(私は 普段着を 着て行く)。
メモ
類:ヤーカラチヤー(普段着)・ヒージーキヤー(普段着)・ヤーカラキヤー(普段着)。
ヒージャ
地名(読谷村比謝)。
ヒージャー
【哺乳類】山羊〔ヤギ〕。
用例
ワタクシ ヒージャー イチチ カラトーン(自分の小遣いとして 山羊を 5頭 飼っている)。
ヒージャー
樋のある井戸。
ヒージャークェー
【虫】ケラ。
ヒージャークェー
ヒージャークサ
山羊の草、飼料。
ヒージャーグスイ
山羊汁。
用例
チューネー ヒージャージルン ダテーン カリ ヒージャーグスイナトーサ(今日は 山羊汁も いっぱい 食べて 栄養もついたさ)。
メモ
山羊で滋養(栄養)を取ること。滋養強壮や遅い出産を促すために薬になるとして食した。
山羊を食すと滋養が取れ元気が出るということで、人が大勢集まるイベントなどでよく山羊汁が振る舞われる。沖縄の郷土料理のひとつである。
ヒージャージル
【料理名】山羊汁。
メモ
山羊を食すと滋養が取れ元気が出るということで、人が大勢集まるイベントなどでよく山羊汁が振る舞われる。沖縄の郷土料理のひとつである。
ヒージャーチヌクェー
【虫】ケラ。
ヒージャーチヌクェー
ヒージャーヒジ
山羊のような顎髭〔あごひげ〕。
ヒージャーベーベー
【虫】ケラ。
ヒージャーベーベー
ヒージャーヤー
山羊小屋。
ヒージャウチョー
人名、比謝右京。
メモ
比謝に伝わる、怪力の傑物。琉球国の正史『球陽』には、尚貞王代(在位1669-1709年)の記事として、比謝村の武士儀間が登場する。儀間は牧場の番を役職としており、薩摩藩の在番使、川上右京が同地を狩りに訪れた際、大きな猪や暴れ馬を素手で取り抑えた。川上は、儀間のその怪力を褒め称え、自身の名「右京」を褒美として与えた。その後儀間右京は出世し、「右京筑登之親雲上(ウキョウチクドゥンペーチン)」と名乗ったとある。
ヒージャバル
比謝原(比謝の小字)。
ヒージャヤードゥイ
地名(読谷村比謝屋取)。
ヒージリ
燃えかす。
用例
ヒージリヤ チャーリラングトゥ リッパ トゥットーキヨー(燃えかすは 消えないように ちゃんと 取っていてね)。
ヒーソーグヮチ
火正月。
メモ
貧乏人が火にあたって正月を迎えること。
ヒーター
袖なしの綿入れ(袢纏)。ちゃんちゃんこ。
用例
クーシーカーシーシ チュクテール ヒーターヤティン ジコー ヌクサン(継ぎ接ぎだらけの ちゃんちゃんこでも とても 暖かい)。
メモ
フィーターともいう。
ヒータイ
兵隊。
用例
ヒータインカイ イチーヌガーイネー シムシガヤー(兵隊に 行かずに済んだら いいけどね)。
ヒータイシラビ
兵隊調べ→徴兵検査。
用例
ヒータイシラビガ イチル チューラーディチ チャー シワヤサ(徴兵検査が いつ 来るのかと いつも 心配さ)。
ヒーダマ
火玉。
用例
ンカシェー ヒーダマガ アガイシン ユー ミータンヤー(昔は 火の玉が 上がるのも 良く 見えたね)。
ヒータマガイ
火事の前兆として見える火の玉。
用例
マタン ヒータマガイガ アガイタンドー(またも 火事の前兆の火の玉が 上がったよ)。
メモ
ヒータマガイが上がると、その近くで火事が起こるといわれていた。電気の無い時代、夜が暮れると真っ暗で火の玉がよく見えたという。
ビーチャー
【哺乳類】ジャコウネズミ。
用例
チカグロー ハルヲゥティ ビーチャーガ ユー ナチョーン(近頃は 畑で ジャコウネズミが よく 鳴いている)。
ビーチャーガ ナチネー イークトゥ アサ(ジャコウネズミがなくといいことがあるよ)。
メモ
チンチンという鳴き声はジン(銭)が入ってくると言われ喜ばれたが、ピチピチピチと泣けばクチグトゥ(争いごと)があるヤナナチ(変な鳴き方)と、災いがあるのではと恐れられた。ジャコウネズミがジュークーエー(尾をくわえて数珠つなぎ)して歩いたり、家の床に上がると厄で、この場合ユタやシムチヌヤーに行かなければならないと言われていた。
ビーチャーカジャ
ジャコウネズミの匂い。
ヒーテーチキヤー
たきつけ。
ヒートゥ
【哺乳類】イルカ。
ヒートゥイ
煙草盆。たばこ盆。
ヒートゥイ
日取り。
用例
アンマーヤ ニービチヌ ヒートゥイカイ ハイタン(母は 結婚式の 日取りに 行った)。
メモ
祝い事や法事などの日取りを決めることで、巫女や書物で占う人に占ってもらって日取りをすることが多い。
ヒートゥートゥー
のんきな性格の人。物事にこだわらない人。
ヒートゥヤー
たばこ盆用の火種をいれる小さい火鉢。
ヒートゥヤー
煙草盆。たばこ盆。
用例
タンメー ヒートゥヤーヤ マーマカチョーキヨー(お爺さんの 煙草盆は ちゃんと片づけておきなさいよ)。
ヒーナシ
日無し⇒日を選ばない。
メモ
一般に何か事を行なうにあたって吉日を選ぶが、こと仏事においてはその日取りが重要視された。そのなかにあってヒーナシの年や日であれば支障がないと言われている。ユンヂチ以外では7月13日がヒーナシなので墓、骨などの仏事が行なえるといわれた。
ヒーヌクミダムン
出産後火で温まるための薪。
用例
ナー チチェー チカユトールムン ヒーヌクミダムヌン シコーリワル ナインレー(もう 月・出産も 近づいているから 出産後火で温まるための薪は 準備しないと いけないよ)。
メモ
類:クヮナシダムン(出産後火で温まるための薪)・ニーグヤーニーグヤー(出産後火で温まるための薪)。
妊娠8か月頃になると、夫が山から木を切り倒して来て、出産後に地炉で温まるための薪(ヒーヌクミダムン)を準備した。
ヒーバー
【爬虫類】ガラスヒバァ。ナミヘビ科。
用例
ヒーバーグヮーリチ、クーテーヘビグヮーガ クェーヌミーンカイ ユー ヰチョータシー ウレー(ヒーバーグヮーといって、小さいヘビが堆肥の間によくいたものだよ、それは)。
ヒーバーシ
火箸。
用例
ゥンマンカイアヌ ヒーバーシ ネーレー(そこにある 火箸を よこしなさい)。
メモ
鉄製の細くて長い物で、火のついた木炭などを挟むのに使う。
ヒーバーチ
火鉢。
ヒーバーバー
火が激しく燃えている様子。
用例
ヒーバーバー メートーシガ チケーネーニ?(火が激しく 燃えているが 大丈夫ねぇ?)。
ヒーバタラキ
出火時の消火にあたること。
用例
クヮジガアイネー ムルシ ヒーバタラキスタン(火事がある時には 全員で 消火にあたった)。
ヒーハン
寒い。
用例
トーン ヤンリコーコーシ ヒーハンヤー(戸も あちこち壊れて 寒いね)。
メモ
類:ヒーサン(寒い)。対:アチサン(暑い)。
ビービーグヮー
草笛。
用例
ダー タンメーガ ビービーグヮー チュクティ トゥラサ(どれ おじいさんが 草笛を 作って あげよう)。
メモ
ガジマルの葉先から内側に巻いて、口に当たる部分を少しだけ切り、息を吹きかけると音が出る。
ビービーグヮー
大腸。食用としての主に豚の大腸。
用例
ビービーグヮーシ シームノー チュクイサ(豚の大腸で 吸い物を 作る)。
メモ
食品としての名。管状の形がビービーグヮー(草笛)と似ていることから。
ピーピーグヮー
鳥の雛〔ひな〕。
メモ
孵化〔ふか〕してすぐ、親に抱かれている時期のひよこ。
ヒーヒートゥー
返事がないこと。連絡がない。
用例
イクケーン イェージシン チャー ヒーヒートゥー ヌーリチンネーン(何回 合図しても いつも 返事がない 何といってもない)。
ビービーワータ
大腸。食用としての主に豚の大腸。
メモ
食品としての名。管状の形がビービーグヮー(草笛)と似ていることから。
ヒーヒヤー
よくおならをする人。屁こき。
ヒーヒラー
よくおならをする人。屁こき。
用例
ウヌ ワラビヌ ヒーヒーシヨ ヒーヒラーヤ!(その 子どもが おならをすることよ 屁こきは!)。
ヒーフチャー
火吹き竹。
用例
ヒーフチャー チカイネー ウビジ テーチカイサ(火吹きを 使うと 直ぐに 火がつくよ)。
ヒーマーチ
火の用心。
メモ
10月に行う火の用心。49歳になる人が各家を廻ってヒヌカンを拝んだ。
ヒーマーチヌウガン
火の用心。
メモ
長浜では、10月初壬の日に、角々のグジューンーメー達が各家庭を廻ってヒヌカンにメーカラタカク アガラシンソーンナ(火の手を高く上がらせないでください)と御願をした。
カママーイ(竈廻り)とも言った。儀間では、11月頃、49歳になる人たちが、各戸を廻って火の用心を呼び掛けた。
ピーヤーカーヤー
子どもたちが遊んでいたりしてさわがしいさま。畳語。
用例
ワランチャー シグニン ピーヤーカーヤーシーガーチー ソーティ ハイタサ(子ども達を 4、5人も 何やかやうるさくしながら 連れて 行ったよ)。
ピーヤーグヮー
鳥の雛〔ひな〕。ひよこ。
ヒーヨー
日雇い。
ピーヨーグヮー
鳥の雛〔ひな〕。ひよこ。
ヒーラ
【民具】農具のひとつ。へら。
用例
ヒーラシ ナーヌ クサ ハライン(ヘラで 庭の 草を 取る)。
メモ
畑の草を取ったりする時に使う道具で、鉄製の刃に木製の柄がついているもの。片手用で植え付けや草取りなどに使う。
ヒーラー
南京虫。ごきぶり。油虫。
用例
ヒーサヌトゥクマンカイヤ ヒーラーン ゥンジランディ(寒い所には ごきぶりも 出ないんだって)。
メモ
類:トービーラー(ごきぶり)。
ビーラー
へなへなとしたひ弱な人。弱体。
用例
ビーラーヤ ナー ヤコー タタン(へなへなとしたひ弱な人はもう役には立たない)。ビーラーナティ(虚弱で)。
ヒーラチヤン
染みるような痛み。
用例
ティーヌ カーガ ハギティ ヒーラチヤンスン(手の 皮が 剥けて 染みるように痛い)。
ヒーラチュン
痛い。疼〔ひひら〕く。
用例
テーゲー スー ナシーネーヨ、ヒーラチ ノーイヤ サビン(〔蕁麻疹は〕だいたい酢を塗りつけると、ヒリヒリして治りはする)。
メモ
傷ややけどなどがひりひり痛む。
ピーリンパーラン
大声で話しているさま。
ヒールー
小地名。
メモ
部落の入り口58号線の側にあったアシビナーのこと。
ヒールー
焙炉〔ほいろ〕。
ビールー
へなへなとしたひ弱な人。弱体。
用例
ムヌン ウホーク カマンネー ビールーナインドー(ご飯も たくさん 食べないと 体が弱くなるよ)。
ヒールームイグヮー
地名(伊良皆の小地名)。
メモ
ヒール-モーと同様。一里塚のことでムイグヮーとも呼んだ。
ヒールーモー
地名(伊良皆の小地名)。
メモ
ガジマルの大木が2本あり、ガジマルの西側と、10~20メートルほど離れた2か所に一里塚があった。一里塚はムイグヮー或いはヒールームイグヮーと呼んでいた。
ビールーングヮ
虚弱児。
用例
グナサイネー ビールーングヮヤタルムン ナマネー アンシ ガンジュームン ナトーサ(小さい頃は 虚弱児だったのに 今では あんなに 頑丈者に なっているさ)。
メモ
幼児期に体が弱く、病気ばかりしている子どものこと。
ヒーン
放す。
用例
ヒー ヒリガターネー(おならが出そうになったら)。
ヒィンマガ
ひ孫。名称。
メモ
ヒゥンマガとも言う。
ビカージ
ばかり。だけ。
用例
アリビカージ ヒッチーチカティ(あの人だけ しょっちゅう使って)。
ヒガサンチジ
地名(恩納村比留の小地名)。
メモ
旅立つ人を見送る野原。
ヒカマ
昼間。3、4時頃。
ヒカマミジ
昼間水。
メモ
盆の13日のウンケーから15日までずっと供える。
ヒカマモチ
昼間餅。
メモ
盆のウンケーの昼間に供える団子。
ヒカヤービンビン
蛍。
用例
ナマン マルケーテー ヒカヤービンビンガ トゥドーンドーヤー(今も たまには 蛍が 飛んでいるよね)。
ヒガン
彼岸。
メモ
墓へは行かず仏前で拝する。彼岸はグソー(後生)のワタクシ(私事祭)だという。
ヒキ
姻戚。
ヒギ
ひげ。
用例
チュヌヤーカイ イチーネー ヒギン スティカラ イケー(人の家に 行く時には ひげも 剃ってから 行きなさい)。
メモ
類:ヒジ(ひげ)。
ヒキナスン
取って置く。片づける。
用例
ナーマ ハジェーネーンブノー クチャナカイ ヒキナスン(まだ 配ってない分は 裏座に 取って置く)。
メモ
類:ヒチナスン(取って置く・片づける)。
ヒキワカスン
間引き。
用例
ヤシェー ヒキワカスンディチ ハルカイ ハイタン(野菜を 間引きするといって 畑に 行った)。
ヒグイイーン
体が冷えること。
用例
アミカイ ンリーネー ヒグイイーンドー(雨に 濡れると 体が冷えるよ)。
メモ
類:ヒジュイイーン(体が冷えること)。
ヒクサン
低い。
ヒクッテン
低く。
用例
ヒクッテングヮー チュクティ(低く作って)。
ヒグッテン
冷え冷えとしていること。
用例
アミフイアトゥナティ ヒグッテン ソールヤー(雨降り後で 冷え冷えと しているね)。
メモ
類:ヒジュッテン(冷え冷えとしていること)。
ヒクハン
低い。
ヒグルカジ
冷たい風。
用例
ハシルグチヤ ヒグルカジ フチ スガリーン(戸口は 冷たい風が 吹いて 涼しい)。
メモ
類:ヒジュルカジ(冷たい風)。
ヒグルカンジャー
寒々としていること。
用例
ターン ヤーカイ ヲゥラングトゥ ヤーヌウチガ ヒグルカンジャーソーン(誰も 家に 居ないから 家の中が 冷え冷えとしている)。
メモ
類:ヒジュルカンジャー(寒々としていること)。
ヒグルグヮンス
跡継ぎがいない仏壇。
用例
ナー クヮン タイミッチャイナール ナスグトゥ ヒグルグヮンスン マンドーサ(もう 子どもも 2、3人しか 産まないから 跡継ぎがない仏壇も 多いさ)。
メモ
類:ヒジュルグヮンス(跡継ぎがいない仏壇)。
ヒグルナービナクー
鍋の修理。鋳掛け。
用例
ヒグルナービナクーガ アッチーネー イェージ シーヨーヤー(鍋の修理屋・鋳掛け屋が 歩いたら 合図 しなさいよ)。
メモ
鉄板に開いた穴をネジで止めて、にわか修理することをヒグルナービナクーといった。
ヒグルハン
冷たい。
用例
カーラヌ ミジヤ ヒグルハヌ イーヤンベーヤン(川の 水は 冷たくて とても気持ちいい)。
メモ
類:ヒジュルサン(冷たい)。
ヒグルミジ
冷たい水。冷水。
用例
ヌーリー カーキトーニヌ ヒグルミジヌ マーサヨ(喉が 渇いている時の 冷たい水の 美味しいこと)。
メモ
類:ヒジュルミジ(冷たい水)。
ヒグルミジグヮー
冷たい水。冷水。
ビケー
~ばかり。
用例
クーブビケー(昆布ばかり)。ヤバクビケージ(煙草ばかり)。4、5チン ビケーガヤラ(四、五斤ほどだったのか)。
メモ
類:~ビケーン、~ビカー、~ビカーン(~だけ・~ばかり)。
ビケージ
ばかり。だけ。
用例
カレーンチャシガヨ、ヌガ ムル フーニビケージル ヤグトゥヨ(食べてはみたけどね、なんで、ほとんど骨ばかりだからね)。
ヒサ
足。
用例
ヒサヌ ミーハジミーヤ ユッチャラユッチャラ マーカイガ トーリーラー ワカラン(赤子の歩き始めは ヨタヨタと どこに 倒れるのか 分からない)。ヒサヌ ヘーサン(足が速い)。
ピサ
足。
ヒサイービ
足の指。
ヒサカタ
足形⇒足跡。
用例
ターガ ヤーヌ ウチカイ カラヒサーシ イッチャガヤー ヒサカタ チチョーン(誰が 家の 中に 裸足で 入ったのかな 足跡が ついている)。
ヒサギーン
持ち上げる。
用例
ヒサギユーサンアタイ(持ち上げることができない)。カンシ ヒサギヤーニ(こうして持ち上げて)。
ヒサグーフ
くるぶし。
ヒサクビ
足首。
ヒサシリシリ
足を摺り寄せてくる様子。
用例
ヒサシリシリシ チャー タックヮイヤサ(足を摺り寄せて来て ずっと くっついているさ)。
ヒサダーカー
つま先立ち。
ヒサダカー
背伸び。
用例
ヒサダカーシン ジョーイ トゥドゥカン(背伸びしても 絶対に 届かない)。
ヒサナー
足の甲。
ヒサヌカー
足の裏の皮。
ヒサヌワタ
足の裏。
用例
ヒサヌワタヌ マックールシ ユグリトーン(足の裏が 真っ黒くして 汚れている)。
ヒサハゴーサン
足を踏み入れるのが気持ち悪いようす。
メモ
草むらなどの足元が見えないところに入る際に、蛇や糞などを踏むことを怖がったり、汚い家に入る時にも言った。
ヒサブタ
フィラリア症で異常に足がふくらんでいる状態。
ヒサブッター
フィラリア症で異常に足がふくらんでいる状態。
ヒサブッチョー
足が太くて頑丈なこと、人。
用例
タークナーサーノ ヒサブッチョー(田を耕す人の足は太くて頑丈だ)。
ヒサブニ
足の骨。
ヒサブニ
豚足。
ヒサマンクー
正座。
用例
ヤナクトゥシーネー シンシーンカイ ヒサマンクーシミラリータン(悪いことをしたら 先生に 正座させられた)。
メモ
類:ヒサマンチュー(正座)。
ヒサマンチ
正座。
用例
ヒサマンチカキーン(正座する)。ヒサマンチ カキレー(正座しなさい)。ヒサマンチカキティ(正座して)。ヒサマンチシ(正座して)。
ヒサマンチー
正座。
用例
ヒサマンチ カキトーグトゥ(正座しているから)。
ヒサマンチュー
正座。
用例
ヒサマンチューソータレー ヒサヌ ヒラクローン(正座していたら 足が しびれている)。
チュヌ ヤーンカイ イチネー ヒサマンチュー シーワルヤンドー(人の家では正座するものだよ)。
メモ
類:ヒサマンクー(正座)。
ヒサンラ
足の甲。
用例
ヒサンランカイ ニーブター ゥンジトーン(足の甲に おできが 出来ている)。
ヒジ
ヒゲ。髭。
用例
ヒジン ヌビトーシガ カンスイヌル ネーンレー(ヒゲも 伸びているが カミソリが ないんだよ)。
ヰキガー ヒジン アンシ キーン ミートシガル ヰキガ ヤル(男は髭もそして毛も生えているのが男だ)。
ヒジ
肘。
用例
ヒジサーニ ウッチーネー ヤミルスル(肘で 打ったら 痛いさ)。
ヒジイリーン
削り入れる。
ヒジガーキー
ほおづえ。頬杖。
用例
ヒジガーキーシ カタグヮーチキトーン(頬杖をついて かっこつけている)。
ヒシクミアイク
漁法のひとつ。
メモ
川の流れに沿って竹で囲み、獲物の通り道を作り、アイクバーキに誘い込んで獲物を捕る方法。アイクの項も参照。
ヒジゲー
肘。
ヒジチ
杼(ひ)。
メモ
機織りの器具のひとつ。
ヒシディーバル
菱良原(座喜味の小字)。
ヒシビシートゥ
薄く。
用例
カミーヤッサヌグトゥ シシヤ ヒシビシートゥ チリヨー(食べやすいように 肉は 薄く 切りなさいよ)。
ヒジマー
髭の濃い人。
ヒジミーン
片づける。
用例
チカティ ウワタシェー アサギンカイ ヒジミーン(使って 終わったのは 離れに 片づける)。ケーヒジミティ(片付けて)。
メモ
類:シジミーン(片づける)・カタジキーン(片づける)。対:チラカスン(散らかす)・カチホーイン(散らかす)。
ヒジミユン
片づける。
用例
ヘーク ヒジュンカ(早く片付けよう)。
メモ
類:シジミユン。
ヒジメー
在来種の米。
メモ
草丈が高く籾に芒があり、その芒の色によって赤ヒジ-、白ヒジ-、コージャー(斑模様)などと呼ばれていた。1935年頃まではヒジメーが栽培されていた。蓬莱米が入る前まではヒジメーを栽培していた。在来種の米で一期作米。
ヒジモー
髭が伸びていること。
用例
ヒジモーナトーシガ ヒジ スインレーサン(髭も伸びているが 髭を 剃ろうとしない)。
ヒジャーニ
削って。
ヒジャイ
左。
用例
ワンネー ヒジャイヌティーガル ヤムンレー(私は 左手が 痛いんだよ)。
ヒジャイウチャーシー
左前に着ること。
用例
ヒジャイウチャーシー シーネー フージェーネーンドー(着物の襟を左前にして 着ると みっともないよ)。
ヒジャイグムン
琉球王家の紋章。左三つ巴。
ヒジャイナ
【民具】左縄。左撚りにした縄。
メモ
ヒジャイナーと同様。魔除けの道具。産室や正月の門松、カンカー(年中行事のひとつ)の時には字境界などに張った。
産婦が寝ている部屋の周りにはヒジャイナを張り、枕元には塩をおいていた。
ヒジャイナー
【民具】左縄。左撚りにした縄。
用例
クヮナシーニン ウラジャンカイ ヒジャイナー ハイタン(出産の時にも 裏座に 左縄を 張っていた)。
メモ
ヒジャイナと同様。魔除けの道具。産室や正月の門松、カンカー(年中行事のひとつ)の時には字境界などに張った。
綱は通常右に綯うが、その逆に左手を上に右手を下にして縄を綯ったものをヒジャイナーという。ヒジャイナーは魔除け、厄払いの効力があるといわれる。
ヒジャイヌーリー
音痴。音程はずれ。
用例
ヒジャイヌーリーヤティン シムサ ティーチェー ウタレーワ(音痴でも いいから 一曲 歌いなさい)。
ヒジャイネー
【民具】左縄。左撚りにした縄。
メモ
魔除けの道具。産室や正月の門松、カンカー(年中行事のひとつ)の時には字境界などに張った。
龕を担いでカンカーモー付近を通るときは、カンカーモーにヒジャイネー(左縄)を下げた。
ヒジャイネーンナ
【民具】左縄。左撚りにした縄。
メモ
類:ヒジャイネー、ヒジャイナ、ヒジャイナー。
魔除けの道具。産室や正月の門松、カンカー(年中行事のひとつ)の時には字境界などに張った。
ヒジャイマチ
左巻き。
ヒジャイマチャー
左巻きの旋毛〔つむじ〕、またその人。
ヒジャイミグイ
左前。順当にいってないこと。
用例
ウレー ヒジャイミグイ ソーンドー(それは順当にいってないよ)。
ヒジャイムティー
左側。
用例
ヒジャイムティーカラ イチーネー チカササ(左側から 行くと 近いよ)。
ヒジャイリッコー
左利き。
ヒジャガー
川の名称。比謝川
ヒジャバシ
地名(読谷村比謝矼)。
ヒジャバシバル
比謝矼原(比謝矼の小字)。
ヒジャバル
比嘉原(牧原の小字)。
ヒジャヤー
左利き。
用例
ワッター チョーデーヤ ムル ヒジャヤーヤン(私の 兄弟は 全員 左利きだ)。
メモ
類:ヒジャヤーリッコー(左利き)。
ヒジャヤーリッコー
左利き。
用例
ヒジャヤーリッコーヤティン ノーサンティン シムン(左利きでも 直さなくても 良い)。
メモ
類:ヒジャヤー。
ヒジャルー
不器用な人。
用例
アレー ヒジャルー ヤグトゥ チャー シクチェー ニーサン(彼は 不器用な人 だから いつも 仕事が 遅い)。
ヒジュイイーン
体が冷えて病気になること。
用例
クヮナチチャーキ アミンレーンカイ ンリーネー ヒジュイイーンドー(子どもを産んだ直に 雨にでも 濡れたら 体が冷えて病気になるよ)。
メモ
類:ヒグイイーン(体が冷えること)。
ヒジュイン
冷える。
用例
アミ フイネー ヒジュインドー(雨が 降ると 冷えるよ)。
メモ
対:ヌクタマイン(温まる)。
ヒジュー
いつも。
用例
ヒジュー ヒージャーヌ クサカヤービカーン シミラッタン(いつも 山羊の 草刈りばかり させられた)。
メモ
類:ヒッチー(いつも)・チャー(いつも)・トゥーチ(いつも)。
ヒジュッテン
冷え冷えとしている。
用例
カーラヌ スバヤ ヒジュッテンソーン(川の 側は 冷え冷えとしている)。
メモ
類:ヒグッテン(冷え冷えとしている)。
ビジュル
拝所。
メモ
ビジュルーとも言う。県内各所にある拝所で、多くは霊石が拝する対象となっている。賓頭盧が由来と考えられている。村内では大湾、古堅、渡具知で拝されている。
大湾の伝承を以下に記す。子どもが生まれないものだから、子宝祈願のため山田からビジュルをウンチケー(お迎え)して、「双子でもいいので授けてください」と拝んだら双子が生まれたので、この神はマササミシェーン(霊力高い)と言われるようになった。その霊石は今でも大湾のニーヤ(根家)で祀られている。
ヒジュルアシ
冷や汗。
用例
ヒジュルアシ ハティ アンマサーネーニ?(冷や汗を かいて 気分は悪くないねぇ?)。
ヒジュルー
冷たい人。
用例
アレー ヒジュルーナティ イェーサチンサンサ(彼は 冷たい人で 挨拶もしないさ)。
ヒジュルカジ
冷たい風。
用例
キーヌ シチャーヤ ヒジュルカジガ チッ スガリーンドー(木の 下は 冷たい風が 来て 涼しいよ)。
メモ
類:ヒグルカジ(冷たい風)。
ヒジュルカンジャー
寒々としている。
用例
ウッサヌ ワランチャーガ ヲゥタルムン ムル ヤータッチ ヒジュルカンジャー ソーン(沢山の 子どもたちが いたのに 皆 分家して 寒々と している)。
メモ
類:ヒグルカンジャー(寒々としていること)。
家がひっそり静まり返っていること。
ヒジュルグヮンス
跡継ぎがいない仏壇。
用例
アトゥサーガ ヲゥラン ヒジュルグヮンスナイネー ティラカイ アジキーン(跡継ぐ者が いなくて 跡継ぎがいない仏壇になるなら 寺に 預ける)。
メモ
類:ヒグルグヮンス(跡継ぎがいない仏壇)。
空き家になって誰も拝む人がいないグヮンス。
ヒジュルコーコー
とても冷たいこと。
用例
クヌ ミジヌ ヒジュルコーコーシ マーサシヨ(この 水の とても冷たくて 美味しいことよ)。
ヒジュルサン
冷たい。
用例
ウヌ ミジェー ワクミジナティ イッペー ヒジュルサン(その 水は 湧き水なので とても 冷たい)。
メモ
類:ヒグルサン(冷たい)。
ヒジュルナービナクー
鍋の修繕人。冷たい鍋修繕人。
メモ
戦後出現。ドリルで穴をあけてネジで留める、鞴〔ふいご〕を使わないのでヒジュル(冷たい)と言われた。
ヒジュルミジ
冷たい水。
用例
ハルカラ ケーティチーネー ヒジュルミジグヮー フーサン(畑から 帰って来たら 冷たい水が 欲しい)。
メモ
類:ヒグルミジ(冷たい水)。
ヒジュルムン
冷たい物。
用例
アチサヌ ヒジュルムン フーサン(暑くて 冷たいのが 欲しい)。
ヒジュン
削る。薄く削り取る。
用例
ゥンマヌチメー ナガサンヨ。アンサーニ ウリガ ナーヒン ミーネー、ウッチェール カニガ カラカラ イーチュグトゥ、ヒジャーニ マタ イリーノーシー スン(馬の爪は長いよ。そしてそれが少し伸びると、打ってある鉄〔蹄鉄〕がカラカラと動くから、薄く削り取って、また入れ直しする)。カチュー ヒジュン(鰹節を 削る)。
ヒタ
下手。
用例
ヒタカラル ジョージン ナイサ(下手から 上手に なるんだよ)。
ヒタイ
したり。でかした。よくやった。
用例
ヒタイヒャー(でかした)。
ヒタイサイ
お見事です。
用例
ヒタイサイ!ユー ディキトービンドー(お見事です!良く 出来ていますよ)。
メモ
目上の人に使う。
ヒタイヒャー
でかしたぞ。
用例
ヒタイヒャー!ナマヌグトゥヤサ(でかしたぞ!今の調子だよ)。
メモ
類:シタイヒャー。
目下の人に使う。
ヒタターヤン
ヒリヒリした痛み。
用例
ナガリヌ ヒタターヤンスシガ マジ ンチンディ(背中が ヒリヒリ痛いが まず 見てごらん)。
ヒダティーン
隔てる。
用例
クイ ウッチ メートゥ クシトゥ ヒダティーン(杭を 打って 前と 後を 隔てる)。
ヒタラカ
したたか。
用例
ヒタラカナー(強かな)。
ヒタン
けった。
ヒチ
~して。
ヒチ
干支。
用例
ヒチヌ アシェーヤー(干支があるでしょう)。
ヒチ
敷居。
メモ
シチとも言う。
嫁入りに敷居を踏むと離婚することになるから踏んではならないといわれた。
ビチー
~べき。
用例
シービチー ヤン(やるべき〔こと〕をやる)。
ヒチウーシ
挽き臼。
ヒチゥンマガ
玄孫〔やしゃご〕。
用例
ヒチゥンマガ マディディーネー イクタイ ヲゥガ?(玄孫 までだと 何人 居るねぇ?)。
ヒチエー
引合⇒報告。
ヒチキーン
躾ける。叱る。注意する。
用例
ヤクミンカイ ヒチキラッティ(役目に注意されて)。ヒチキタクトゥ(叱ったら)。
ヒチサチュン
引き裂く。
用例
ハサンシ ヌヌ ヒチサチュン(ハサミで 布を 引き裂く)。
ヒチジ
つつじ。
ヒチジ
羊。未。
用例
ウチナーヲゥテー アンチュカナー ヒチジェー ンチェーンランサー(沖縄では あまり 羊は 見たことがないね)。
ヒチジドゥシ
未年。
用例
ワッター ヤーヤ ヒチジドゥシニ チュクテーン(私の 家は 未年に 造った)。
ヒチジヌチュ
未年生まれの人。
用例
ヒチジヌチュ アチマティ マーガラカイ アシビーガハイタン(未年生まれの人で 集まって どこかに 遊びに出た)。
ヒチタンパーク―
石油を入れる一斗缶。
用例
ヒチタンユーヤ ナー ヒチタンパーク―ヌ スク チチョーン(石油は もう 石油入れの 底を ついている)。
ヒチタンユー
石油。
用例
ヒチタンユーン タカクナティ コーイグリク ナトーン(石油も 高くなって 買いにくく なっている)。
ヒチトゥイン
引き取る。
用例
ウヌ ニムチェー ワンガ ヒチトゥイン(その 荷物は 私が 引き取る)。
過:ヒチトゥッタン(引き取った)否:ヒチトゥラン(引き取らない)希:ヒチトゥイブサン(引き取りたい)継:ヒチトゥットーン(引き取っている)。
ヒチナスン
取っておく。
用例
アンマー タマシ ヒチナスン(母の 分を 取って置く)。
ヒチビ
節日。
用例
ヒチビ シキランネー(節日のご馳走を供えないと)。
ヒチファ
引合。
メモ
ヒチエーと同義。
ヒチマ
新米。
用例
ヒチマ トゥイネー ヰナグングヮンチャーンカイ ワキータサ(新米を 収穫したら 娘達にも 分けてあげた)。
ヒチマースン
引き合わせる。
用例
ヒチマーシンソーチ(引き合わせて・取り決めて)。
メモ
年頃の未婚の男女を見合いのように引き合わせるときにヒチマースンと使った。
ヒチムン
敷物。
ヒチムンジェーク
箪笥等の細かい細工。挽物細工。
用例
ヒチムンジェークヤ デージナ ワジャヤッサー(箪笥等の細かい細工は 大変な 技術だよ)。
ヒチャ
下。
ヒチャギーン
引き上げられる。
用例
ヒチャギラサッティ(助け上げられて)。
ヒチャシバ
下唇。
ピチャピチャ
ピカピカと光るさま。
ヒチャン
した。
ヒチャンタ
馬の鞍の下敷。
用例
ヒチャンタ ディチン ワンネー ワカランサー(ヒチャンタ・馬の鞍の下敷 といわれても 私は 分からないね)。
メモ
シチンタ・シチャンタと同義。
ヒチワカスン
間引きする。
用例
ヤシェー ヒチワカスン ディチ ハルカイ ハイタン(野菜を 間引きする といって 畑に 行った)。
ヒッカキーン
引っ掛ける。
用例
チン ハーヤンカイ ヒッカキーン(着物を 柱に 引っ掛ける)。
過:ヒッカキタン(引っ掛けた)否:ヒッカキラン(引っ掛けない)希:ヒッカキーブサン(引っ掛けたい)継:ヒッカキテーン(引っ掛けてある)。
ヒッキリムッキリ
切れ切れになっていること。
用例
アンソーヌ ヒッキリムッキリソーシガン チカーリーンナー(そんなに 切れ切れになっているのが 使えるか?)。
ヒックムン
引っ込む。
用例
ワッター イノー チュガ チーネー ウークカイ ヒックムン(私達の 犬は 人が 来たら 奥に 引っ込む)。
ヒッケースン
引き返す。
用例
ムンワシリシ ミチナカカラ ヒッケースン(忘れ物をして 途中から 引き返す)。
過:ヒッケーチャン(引き返した)否:ヒッケーサン(引き返さない)希:ヒッケーシーブサン(引き返したい)継:ヒッケーチョーン(引き返している)。
ヒッケーラスン
ひっくり返す。
用例
クサミチャーマ ゥンマカイ アシ ムル ヒッケーラスン(怒って そこに あるのを 全部 ひっくり返す)。
過:ヒッケーラチャン(ひっくり返した)否:ヒッケーラサン(ひっくり返さない)希:ヒッケーラシブサン(ひっくり返したい)。
ヒッサギーン
引っさげる。
用例
ゥンブサグトゥ タイシ ヒッサギーン(重いので 2人で 引っさげる)。
メモ
重い物等を手にさげて持つこと。
ヒッサン
薄い。
用例
ウヌ ヌノー チヌンカイヤ ヒッサンデー(その 布は 着物にするには 薄いよ)。
メモ
対:アチサン(厚い)。
ビッスー
口を尖らす仕草。
用例
ヌラタレー ビッスーサギンデー(叱ったら 口を尖らせているさ)。
ヒッタイ
したり。でかした。よくやった。
用例
ヒッタイヒャー(でかした)。
ヒッタイクヮッタイ
水が滴り落ちる程度に濡れている様子。
用例
ミジアシビ スンディ ヒッタイクヮッタイ ソーン(水遊びを して びしょ濡れに なっている)。
ヒッタイディー
濡れた手。
用例
ヒッタイディーシ サーイネー カビル ヤグトゥ ヤリーシガ(濡れた手で 触ると 紙 だから 破れるよ)。
メモ
類:シッタイディー(濡れた手)。
ヒッタイビサ
濡れた足。
用例
ヒッタイビサヤ ユー フチカラル ヤーヌウチンカイ イーンロー(濡れた足は よく 拭いてから 家の中に 入るんだよ)。
メモ
類:シッタイビサ(濡れた足)。
ヒッタイミー
濡れた所。
用例
ヒッタイミーカラ アッチーネー チンヌ スソー カナギティ アッケー(濡れた所から 歩く時には 着物の 裾は まくり上げて 歩きなさい)。
メモ
類:シッタイミー(濡れた所)。
ヒッタクマッタク
よくしゃべっている様子。ぺちゃくちゃ。
用例
ヒッタクマッタク ヒッチーナーン ユンタクスサ(ぺちゃくちゃ 1日中でも おしゃべりするさ) 。
ヒッタティーン
引っ張って立てる。引っ張り上げる。
用例
ウレー ゥンブサヌ タイシル ヒッタティースル(それは 重くて 2人でしか 引っ張り上げきれない)。
ヒッタティムッタティ
持ったり下したりしている様子。
用例
ヲゥマヲゥティ ヒッタティムッタティシ ヘーク ムチ イカニ(そこで 持ったり下ろしたりして 早く 持って 行きなさい)。
ヒッタティルー
2、3日の約束で金を借りること。
用例
アチャアサティヤ ジンヌ イッチ チューグトゥ ヒッタティルー シミティトゥラシ(明日明後日には お金が 入って 来るから 2、3日で返すから金を借してくれ)。
ヒッタトーン
濡れている。
用例
カサン カンラン アミカイ ンリーグトゥ ドゥーイッペー ヒッタトーン(傘も かぶらずに 雨に 濡れるから 体中 濡れてる)。
メモ
類:ンリトーン(濡れている)・シッタトーン(濡れている)。
ヒッチー
しょっちゅう。いつも。
用例
ヒッチー ジンミスン(いつも協議する)。
ヒッチー
一日。
用例
チューヒッチーヤ(今日一日は)。
ヒッチーグシ
1日越し。
用例
ナマー ハロー ヒッチーグシ ゥンヂョーン(今は 畑には 1日越し 行っている)。
ヒッチーバル
1日中畑仕事をする。1日がかりの畑仕事。
用例
ヒッチーバル シーネー ヲゥタティ ナーチャヤ ウキーカンティースン(1日がかりの畑仕事を すると 疲れて 翌日は 起きにくい)。
ヒッチーヒッチー
いつもいつも。
ヒッチーユッチー
1日中。
用例
ユンタクジューサヌ ウリガムノー ヒッチーユッチーヤサ(おしゃべりばかりして こいつは 1日中そんなだよ)。
ヒッチーン
引き破る。
用例
チカイヌウッサ カビ ヒッチーン(使うだけ 紙を 引き破る)。
過:ヒッチッチャン(引き破った)否:ヒッチラン(引き破らない)希:ヒッチーブサン(引き破りたい)継:ヒッチッチョーン(引き破っている)。
ヒッチーンヒー
1日中自由な事。
用例
アレーナー ヒッチーンヒールヤグトゥ イェーテーサンケー(彼は 1日中自由な人だから 相手にはするな)。
メモ
1日中、人の都合を構わずに居座ったり、話したりしていること。
ヒッチェイ
額。
用例
ヰナグヤ ヒッチェイヤ ヒルサシル チュラサル(女は 額が 広いのが きれいんだよ)。
ヒッチェーハガー
額が禿げている人。額禿げ。
用例
アッピーグヮー ヒッチェーハガー ヤシヨー(兄さんの 額が禿げている ことよ)。
ヒッチッチュン
くっつく。
用例
ヌイ タックヮーシーネー ヒッチッチュンテー(糊を つけたら くっつくよ)。
ヒッチハイグシー
1日越し。
用例
マチカイ ヒッチハイグシー ムッチイチュタン(町に 1日越し 持って行った)。
ヒッチャキーン
ひっかける。
用例
アカングヮガ シーバイ ヒッチャキーン(赤ん坊が 小便を ひっかける)。
シーバイ ヒッチャキリヤーイ(おしっこをひっかけられて)。
ヒッチャキヰー
尻をひっかけて座ること。
用例
ヰーヌンカイ ヒッチャキヰーシ ハナシクローン(縁側に 尻をひっかけて 話し込んでいる)。
メモ
縁側に、軽く尻をかけるような感じで座ること。急いでいる時に掛けるように勧められた時など、「ちょっとだよ」というような感じで尻をかける。
ピッチャナイ
ピカピカに。
用例
ピッチャナイ ヒカラチ(ピカピカに光らせて)。
ヒッチリビッチリ
切れぎれ。
用例
アンチュカ ヒッチリビッチリシ ウッチェール(そんなに 切れ切れにして おいてあるね)。
ビッチン
財布。
用例
ビッチンヤ コータシガ イリーヌ ジノー ネーラン(財布は 買ったが 入れる 金は ない)。
ヒッティ
拾って。
用例
ヒッティチャーニ(取って来て)。
ヒッティーン
捨てる。
用例
ムル ヒッティール バーヨ、カライーサン ナイネー(みんな捨てるんだよ、飼えなくなると)。
ヒッテーネーン
堪えない。気にしない。
用例
ワッター ユメー ヌー イチン ヒッテーネーン(私の 嫁は 何を 言っても 堪えない・気にしない)。
ヒッパイカッパイ
顔が引っ張ったように突っ張っているさま。
用例
ハナダイン ヌグラン ヒッパイカッパイ シミティ(鼻水も 拭かず 顔が突っ張っているさ)。
ヒッパイン
引っ張る。
用例
ヒジャイニジリカラ ヒッパイン(左右から 引っ張る)。
過:ヒッパタン(引っ張った)否:ヒッパラン(引っ張らない)希:ヒッパイブサン(引っ張りたい)継:ヒッパトーン(引っ張っている)。
ヒツマ
6月に初収穫した米。
用例
ヒツマ カタミティ ヰナグングヮンチャー ヤーンカイ イチュタン(初収穫の米を 担いで 娘たちの 家に 行った)。
メモ
6月に初収穫した米のことをヒツマといって、米俵を担いで嫁いで行った娘や近親者に配った。
ヒティーン
捨てる。
ヒティタン
捨てた。
ヒティッティ
捨てて。
ヒティティ
捨てて。
ヒティホーラー
捨て散らかす。
用例
ヒティホーラーシ スダティティン ソーイッチョーヌ ワラビン ヲゥン(全く面倒も見られずに・ほったらかして 育てても 性根が入った 子どもも 居る)。
メモ
全く面倒を見てない。ほったらかし。
ヒティミティ
午前中。
用例
ヒティミティヌエーダニ ウヤヌヤーンカイ ゥンヂクーワ(午前中で 実家に 行ってきなさい)。
ヒティミティナカー
10時のおやつ。
用例
ヒティミティナカーヤ ゥンム ゥンブチェーン(10時のおやつは 芋を 蒸かしてある)。
ヒティミティムン
朝ご飯。朝食。
ヒティミティムン
ヒティムティムン
朝ご飯。朝食。
ヒティムティムン
用例
ヒティムティムン シコーテービーグトゥ ウサガミソーレー(朝ご飯の 準備ができていますから 召し上がってください)。
ヒティムン
捨てるほどある物。
用例
タマナーン ディキージューサヌ ネーンチカン ヒティムンヤサ(キャベツも 出来過ぎて 値もつかず 捨て値だよ)。
メモ
物が有り余って捨てるほどある時に使う。野菜でも作りすぎて値段が安くなり、捨て値で売る時にも「ヒティムン」という言葉を使う。
ヒティラン
捨てない。
ヒドゥイ
日取り。
用例
ニービチヌ ヒドゥイヤ チャーナトーガ?(結婚式の 日取りは どうなっているの?)。
ヒナイン
減る。
用例
ヒナイルムン(減るのに)。
ビナサン
汚い。不衛生な。下品な。
ヒナタンボー
火消棒。
用例
イーシ チカンネー ヒナタンボーシ スグインドー(言う事を 聞かないと 火消棒で 殴るよ)。
メモ
ヒナタンボーは約50㎝の棒で、以前は木などで火を起こしていたので、生活必需品だった。
ビナドゥクル
汚い所。不潔な所。
用例
ウレーヤー ビナドゥクルンカル ウンドーヤ、トービーラーヤ(そいつは不潔な所にいるんだよ、ゴキブリは)。
ビナハナシー
くだらない話。最低な話。
ビナハン
下品な。最低な(人)。
用例
アリガ ハナシー ビナハヌ チカンケー(あれの話は最低だから聞くな)。
ヒナラスン
減らす。
ヒナラン
減らない。
用例
イェーキヤ ヒナラン(富は減らない)。
ヒナンタ
火掻き棒。
用例
カマンカイ ヒナンタヌ アシェーヤー(竈の中に火掻き棒があるでしょう)。
メモ
ヒナタグーシともいう。竈の灰をかき混ぜたり、燠火の出し入れに使う木切れ。
ヒニクリムン
ひねくれ者。
ヒヌカン
火の神。
用例
ヒヌカンカイヤ チャーヤアラン ミジル ウサギール(火の神には お茶じゃなく 水を 供えるんだよ)。ヒヌカン ウガマシェー(火の神を拝ませなさい)。
メモ
類:ヒヌカンガナシー(火の神加那志、火の神様)・ウカマガナシー(火の神様)・ウミチムン(火の神、竈の神、御三物)
各家庭で拝されるほか、字の火の神やかつての地頭屋敷(殿内)などに祀られた火の神が拝されている。3個の石が置かれることが多い。
ヒヌカンガナシー
火の神加那志。火の神様。
用例
ヒヌカンガナシーディシェー ヒヌカン ウヤマトール クトゥバヤサ(火の神様というのは 火の神を 敬った 言葉だよ)。
メモ
類:ヒヌカン(火の神)・ウカマガナシー(火の神様)・ウミチムン(火の神、竈の神、御三物)。
ヒヌビ
日延べ。延期。
用例
イチュナサグトゥ スージヤ ヒヌビスン(忙しいから お祝いは 日延べする)。
ヒバク
火鉢。
用例
ヒークナイネー ヤーニンジュシ ヒバク カクディ ヌクタマイタン(寒くなったら 家族で 火鉢を 囲んで 暖まった)。
メモ
陶器製や木製(箱型で火を燃やす処は鉄製)があり、暖を取ったり、お茶を沸かしたりした。
ヒビキ
ひび割れ。亀裂。
ヒビナズーネー
料理名。もやしの酢の物。
用例
ヒビナズーネーン イッティ ウサギレーワ(もやしの酢の物も 入れて 差し上げなさい)。
メモ
お盆のウークイに供える料理で、もやしをゆでて酢をかけただけの物をヒビナジューネーといった。
ヒマ
暇。時間。
ヒマラーリ
時間を無駄にすること。
用例
ヌーン アランムンヌ チュ アビティ ヒマラーリソーサ(何でも ないのに 人を 呼んで 時間を無駄にしてしまったさ)。
ヒミキ
喘息〔ぜんそく〕。咳。
用例
ユル ニントーイニ ヒミキスグトゥ イサンカイ ミシランネー(夜 寝ている時に 咳がひどいから 医者に 診せなさいと)。
メモ
類:ヒミチ(喘息・咳)。
ヒミチ
喘息〔ぜんそく〕。咳。
用例
ワラビヌ ヒミチシ ユルン ニンラランサ(子どもの 咳がひどくて 夜も 眠れないさ)。
メモ
類:ヒミキ(喘息・咳)。
ヒミチグスイ
喘息〔ぜんそく〕の薬。
ヒミチグスグス
咳がひどい様子。
用例
ヒミチグスグスシ クスイヤ ヌローシガ ナガガカイ ソーサ(咳がひどくてゼイゼイして 薬は 飲んでいるが 長患い しているさ)。
メモ
喘息でゼイゼイしている様子。
ヒミチャー
喘息〔ぜんそく〕持ちの人。
ヒャー
~野郎。~奴。
用例
カーグフヮーグヮー ヒャー(面の皮の厚い奴め)。
メモ
人をののしる時にいう。
ヒャー
お前。野郎。
用例
ウヌヒャー(この野郎)。
メモ
人を罵る時に言う。
ヒャーイ
干上がり。日照り。旱魃。
用例
ヒャーイガ チヂチーネー カムシン ネーンナインドー(日照りが 続くと 食べ物も なくなるよ)。ナナチチ ヒャーティ(7か月日照りして)。
メモ
類:サーイ(日照り)。
ヒヤーガラセー
田や池の水を干上がらす。
用例
イチ サレーティ ヒヤーガラセーワ(池を 浚って 干上がらせなさい)。
ヒャーク
百。100歳。
用例
ワッター ウスメーヤ ヒャークナミシェーン(私の おじいさんは 100歳になられる)。
ヒャークニティーチ
百にひとつ。よく嘘をつく人。
用例
アリガ イシェー ヒャークニティーチ ヌーガル フントーヤラー ワカラン(彼奴が 言うのは 百にひとつだから 何が 本当なのか 分からない)。
メモ
ほとんどがいい加減で、百にひとつしか本当の事を言わない人。
ヒャークヌティーチ
百にひとつ。よく嘘をつく人。
用例
ウレヒャー ヒャークヌティーチル ヤル ムンヌ(それはもう、百のうちひとつもあたらないんだもの)。
メモ
いろんな事を言うが、ほとんどあたらないこと。
ヒヤーネー
ドタバタする。
用例
ヒヤーナイヒヤーナイスルバー(ドタバタするわけ)。
ヒャッカニチ
百か日。
用例
アチャヤ ヒャッカニチナトーンドー(明日は 百か日だよ)。
メモ
49日の法事後、命日から百日目に執り行う法事を百か日という。沖縄では近い親族で行う。
ヒヨー
日傭。日雇い。
用例
ヒヨー タヌドーン(日雇い人夫頼んでいる)。
ヒヨーサー
日傭人。日雇い人。
ヒラ
坂。
用例
ヒラヌチューサヌ ヌブインディ イーチフチョーサ(急な坂で 登るのに 息切れしてしまったさ)。
ビラ
【植物】ねぎ。わけぎ。
用例
ビラヤ アタイグヮーンカイ イーテータサ(ネギは 屋敷内の畑に 植えてあるさ)。
メモ
ネギは手軽に栽培できることから、ほとんどの家庭で植えられており、日常的に食卓にも出される。
ヒラー
平。
用例
ヒラーガ(平たいのが)。
ヒライシバル
平石原(波平の小字)。
ヒライン
交際する。
用例
ヒラタンリ(交際したって)。ヰヌグトゥ ヒラティ(同じように接する)。
ヒラウコー
平御香。平たい線香。
ヒラウジン
平御膳。
ヒラオーハ
葉野菜類の総称。青葉。
ヒラオーファ
葉野菜類の総称。青葉。
ヒラカー
すり減ったり、押しつぶされて平らなこと。
ヒラカーバル
平川原(宇座の小字)。
ヒラガタミー
棒の両端に荷物をつるし、両肩にあてて担ぐこと。
ヒラキーン
べったり座り込む。
用例
ハーエーシチャレー イーチハーハーシ ゥンマンカイ ヒラキーン(走って来たので 息切れぎれで そこに 座り込む)。
メモ
平たくなる。ぺちゃんこになる。
ヒラキティネーン
ぺちゃんこになって無い。
ヒラキトーン
べったり座り込んでいる。
用例
ヲゥタヤーニ ジーンカイ ヒラキトーン(疲れて 地面に べったり座り込んでいる)。
ヒラキトーン
開けている。
ヒラグェー
【民具】農具のひとつ。平鍬〔ひらぐわ〕。
用例
ミマターグェーヤカ ヒラグェーシ カジーシル マシヤル(三又の鍬より 平たい鍬で 耕した方が 良い)。
メモ
畑を耕す農具。
ヒラクムン
しびれる。
用例
ナゲー ヒサマンチューサレー ヒサガ ヒラクローサ(長いこと 正座していたら 足が しびれたさ)。
メモ
類:ヒングムン(しびれる)。
ヒラグン
平組み。
メモ
3本に分けたものを平たく編むこと。
ヒラゲー
両肩。
ヒラシチヌンバイ
大晦日に供えるご飯。
メモ
長浜ではトゥシヌユール(大晦日)に挽き臼や農具(篦〔ヘラ〕、鋤〔スキ〕、鎌〔カマ〕)などにご飯を供えて農事の労に謝意を表し、このご飯のことをヒラシチヌンバイと呼んだ。
ヒラジョーキー
竹ヒゴを縦横に編んだ丸いザル。
メモ
ヒラバーキーともいう。女子どもはこれに芋を載せて台所で食する。
ヒラスン
(池などの水を)干す。
用例
クムイ ヒラスン(池の水を干す)。
メモ
水などをすっかり取り除いてからにする。
ヒラター
平たい。
用例
ヒラター イシ カメーティ クーワ(平たい 石を 探して 来なさい)。
ヒラターイユグヮー
【魚】平たい魚。
用例
ヒラターイユグヮーンディヌ マンドータンデー(ヒラターイユというのがたくさんいたよ)。
ヒラタージンナン
平たいカタツムリ。
用例
アヌ タッピラカーソーシカイ ヒラタージンナンディ イータサ(あの 平べったいのに ヒラタ―ジンナンと いっていたさ)。
ヒラタービラ
【植物】ニラ。
ヒラタービラ
ヒラタウタキ
平田御嶽。伊良皆の拝所。
メモ
別名ユナサウタキ。御嶽の下方にはヒラタヌシー(平田之子)の屋敷がある。今も傾斜で野原になっている所が、そのヒラタの屋敷であったという。ニッチュ(根人)門中はヒラタウタキといい、ジョーグチ(門口)門中はユナサウタキと呼んでいる。ウタキの名称は後から出たことで、古来よりユナサモーと呼んだという。ユナサモーの端っこにあり、初御願に拝む。
ヒラタッター
平たいもの。平たいさま。
ヒラタヌシー
平田子。
メモ
平田子は屋比久子と一緒に尚巴志のフニシン(遺骨)を担いで伊良皆に隠しに来た。平田子はジョーグチ(門口)の娘を妻にして、伊良皆に落ち着き、ニッチュ(根人)門中になっている。ニッチュ門中には平田子と屋比久子の両子孫がある。ニッチュ門中には尚巴志、平田子、屋比久子の香炉が祀られる。
ヒラチガー
【植物】コバンモチ。
ヒラチュン
開く。
用例
ベンチョー スンディチ ホン ヒラチュン(勉強 するといって 本を 開く)。
ヒラティティ
隔てて。
用例
ミチ ヒラティティ ヒジャイムティーカイ アシガ ワッター ヤーヤサ(道を 隔てて 左側に あるのが 私の 家だよ)。
ヒラナービ
平鍋。
ヒラナービー
平鍋。
用例
ヒラナービーンカイ ポーポー ヤチュン(平鍋に ポーポーを 焼く)。
メモ
ポーポーは小麦粉を水で溶いて薄く焼いて丸めたもので、おやつとして親しまれている。
ヒラナカ
潰した豚の半分。
用例
タトゥクマシ ヒラナカナー ワキーサ(2か所で 潰した豚を半分ずつ 分けるさ)。
メモ
潰した豚1頭分の半分の肉をヒラナカといった。
ヒラバーキー
平たい笊〔ザル〕。
メモ
女子どもはこれに芋を載せて台所で食した。
ヒラバーチー
平たい大きな皿。
用例
ティンプラーヤ ヒラバーチーンカイ イリーシェー マシヤサ(天ぷらは 平たい大きな皿に 入れた方が 良いよ)。
ヒラハグサ
【植物】オオバコ。
ヒラファグサ
【植物】オオバコ。
用例
ヒラファグサディシェー マーンカイヤティン ミーサ(オオバコは どこにでも 生えるよ)。
ヒラフヮグサ
【植物】オオバコ。
ヒラホーグサ
【植物】オオバコ。
ヒラマーチー
平松。
用例
アマヌ ヒラマーチーヤ イチ ンチン アンシ チュラサルヤー(あそこの 平松は いつ 見ても とても きれいだね)。
ヒラマーチャー
平松。
ヒラマーチュー
平松。
ヒラムスル
【植物】オオタニワタリ。
用例
イチヌ スバンカイ ダテーンヌ ヒラムスルガ ミートーン(池の 側に 沢山の オオタニワタリが 生えている)。
メモ
チャセンシダ科の常緑性シダ植物で、主に暖地の木や岩に着生。観葉植物とされ、大きなものは直径が2メートルに達する。
ヒラムスル
【植物】水草。
ヒラヤーチー
料理名。
用例
ビラ イッティ ヒラヤーチー ヤチュン(ネギを 入れて ヒラヤーチーを 焼く)。
メモ
一般の家庭でもよく食べられる家庭料理で、作り方もとても簡単で、小麦粉にネギ等入れてフライパンで薄く焼く。
ヒランヒーヌ カジャ スミ
していない屁が臭うものか。
メモ
「火のない所に煙は立たない」のような意。
ヒランメー
麦御飯。麦飯。
用例
ヒランメー ニチェールムン ヘーク ブチダヌンカイ ウサギレー(麦御飯を 炊いてあるんだから 早く 仏壇に 供えなさい)。
メモ
5月5日に肉と一緒に炊いた。
ヒランメージューシー
麦飯雑炊。
用例
ヒランメージューシーヤ ニチチャーキナティ アチサヌ カマラン(ヒランメージューシー・麦飯雑炊は 炊いた直で 熱くて 食べれない)。
メモ
大麦と塩漬けした豚足を煮込み、畦払い・虫払い行事には欠かせない料理のひとつだった。
ヒリーン
拾う。
用例
ヒリーガイチ(拾いに行き)。ヒッッティ(拾って)。
ヒリグササン
生臭い。
用例
ユービヌックヮー、シタタカ ヒリグササンヨー(ユービヌックヮー〔鮫の一種〕は非常に生臭い)。
ヒル
ニンニク。
用例
ヒル トゥティチェーグトゥ チキムン スシェー マシテー(ニンニクを 取って来てあるから 漬物に した方が 良いよ)。
メモ
年越しの夕飯に葉を半分ほど切ったヒルを添えて食する。ヒルには邪気を払う力があると言われているが、長浜では「ユールン ヒルナシ(夜も昼にして)」と、働ける時間を長くしなさいという意味で食したという。
ヒル
昼。
用例
ヒルナランマール ゥンヂ チューシェー マシヤサ(昼にならないうちに 行って 来た方が 良いよ)。
ヒルガイン
広がる。
用例
ヤナクサー スグ ヒルガイン(悪い草・雑草は 直ぐに 広がる)。
ヒルガッスー
ニンニクの漬物。
ヒルガッスー
用例
チャーヌ チャワキン ネーン ナー ヒルガッスーンデー ゥンジャシェー(お茶の 茶請けも ない もう ニンニクの漬物でも 出しなさい)。
ヒルガラシ
昼鳴く烏。
ヒルギーン
広げる。
用例
ウチュクイヂチン ンナヌ メーヲゥティ ヒルギーン(風呂敷包みを 皆の 前で 広げる)。
過:ヒルギタン(広げた)否:ヒルギラン(広げない)希:ヒルギーブサン(広げたい)継:ヒルギトーン(広げている)。
ヒルグササン
生臭い。
用例
チヌーカラヌ イユ ヤグトゥ ヒルグササン(昨日からの 魚 だから 生臭い)。
ヒルグサリカジャ
生臭い臭い。
用例
イユ クシレーティ アトー ヒルグサリカジャスン(魚を さばいた 後は 生臭い臭いがする)。
ヒルサンミー
広い所。
用例
アシブラー ヒルサンミーンカイ イケー(遊ぶなら 広い所に 行きなさい)。
メモ
対:イバサンミー(狭い所)・イバドゥクル(狭い所)。
ヒルニンジ
昼寝。
用例
パーパーヤ ヒルニンジ ソーグトゥ イェージェー サンタン(おばあさんは 昼寝を しているから 挨拶は しなかった)。
ヒルビルートゥ
広々と。
用例
ヒルビルートゥシ アンシ イーヤンベーヤル(広々として とても 心地よいね)。
ヒルマ
昼間。
用例
ヒルマヲゥティ ユージョー ゥンヂ チューサ(昼間で 用事は 行って 来るさ)。
ヒルマイン
広まる。
用例
チュヌ ヤナクトー チューチャンナカイ ヒルマインドー(人の 悪い話は あっという間に 広まるよ)。
過:ヒルマタン(広まった)否:ヒルマラン(広まらない)継:ヒルマトーン(広まっている)。
ヒルマサン
珍しい。
用例
ウッピナーヌ イシ チャーシ ムッチチャガヤーディチ ジコー ヒルマサン(こんな大きな 石を どんなにして 持って来たのか とても 珍しい)。
ジコーヒルマサシ(とても珍しがって)。ヒルマシームン(珍しいもの・こと)。ヒルマサヌ(不思議だ)。
メモ
類:ヒルマハン(珍しい)。
ヒルマシームン
不思議なこと。珍しいこと。
ヒルマシムン
不思議なこと。珍しいこと。
ヒルマナカ
昼間中。
メモ
午後3時から4時頃。
ヒルマハン
不思議だ。珍しい。
用例
タデーマナカイ ネーンナインディチン アンナー ヒルマハンヤー(急に 無くなるってことも あるのかな 珍しいことだ)。ヒルマハヌ(不思議だ)。
メモ
類:ヒルマサン(珍しい)。
ヒルマミジ
昼間水。
メモ
7月七夕から15日迄ヒルマミジを仏壇に供える。
ヒルマムチ
昼間餅。
メモ
ウンケーとウークイの午後3時頃に供える団子のこと。
ヒルマムン
3時のおやつ。
用例
ユックティ ヒルマムン ウサガミソーレー(休んで 3時のおやつを 召し上がってください)。
ヒルミーン
広める。
用例
イークトー ムルカイ ヒルミーン(良いことは 皆に 広める)。
過:ヒルミタン(広めた)否:ヒルミラン(広めない)希:ヒルミーブサン(広めたい)継:ヒルミトーン(広めている)。
ヒレー
扱い。
用例
ママウヤヌ ヒレー(継親の扱い)。
ヒレーイ
付き合い。
用例
ヒレーイ ジョージナイネー ナンクル シキン ワタティ ハイサ(付き合い 上手だと 自然に 世間を 渡って 行くよ)。
ヒレーグリー
つき合いにくい。
メモ
対:ヒレーヤッシー(つき合いやすい)。
気むずかしく交際しにくい。
ヒレーユン
つき合う。交際する。
メモ
類:チュビレー(人づきあい)。
ヒロハグサ
【植物】オオバコ。
ヒン
すねること。
用例
イフィグヮーヤティン ヌーガラ イーネー スグ ヒンルスンレー(少しでも 何か 意見すると 直ぐ すねるんだよ)。
メモ
類:ヒンチ(すねること)。
ヒンガー
垢じみているもの、人。
用例
ユグリトーラー チヌン ケーランネー ヒンガー スガイシ(汚れているなら 着物も 着替えないと 汚れた 格好で)。
クッパーヤ ヒンガー デール ムン(ヒメハブは垢じみて汚いもの)。
ヒンガーマーウー
顔が汚れていること。
用例
ウヌ ワラベー ンジュルカージ ヒンガーマーウー ソーン(その 子は 見るたびに 顔が垢まみれだ)。
メモ
マーウーとは猫のことで、猫がよく顔を撫でることから、顔の汚れを取っている状態に例えている。
ヒンガーマヤー
垢まみれの人。
用例
イャー ヒンガーマヤー ナインドー(お前は垢まみれのネコみたいになるぞ。子どもたちがなかなかお風呂に入らない時にそういった)。
メモ
マヤーは猫〔ネコ〕の意味。主に子どもにいう。
ヒンガーワラバー
垢まみれの子ども。
ヒンガスン
逃がす。
用例
トゥッカチミテーシ ヒンガスン(捕まえてあったのを 逃がす)。
過:ヒンガチャン(逃がした)否:ヒンガサン(逃がさない)希:ヒンガシーブサン(逃がしたい)継:ヒンガチョーン(逃がしている)。
ヒンガチャン
逃がした。
用例
アッタヌクヮ ヒンガチャンヤー(大切な子を 逃がしたね・亡くしてしまったね)。
メモ
幼い子どもが亡くなった時には、ヒンガチャン・逃がしたと用いた。
ヒンガン
彼岸。
メモ
ヒングヮンともいう。春分の日であるニングヮチヒンガン(二月彼岸)、秋分の日であるハチガチヒンガン(八月彼岸)には仏壇に重箱を供えた。
ヒンガンボージ
2月彼岸に整髪する3歳児のこと。
メモ
2月彼岸に3歳児の整髪を行なう儀式があるが、この3歳児のこと。ミーチボージャーともいった。サラタティ、サラタティーの項も参照。
ヒンガンボージャー
彼岸ボージャー。
用例
ヒンガンボージャーニ イャームン カラジン チラヤー(彼岸ボージャーに あなたの 髪も 切ろうね)。
メモ
類:ボージナディー(3歳女児が初めて髪を切る儀式)・サラタティー(3歳女児が初めて髪を切る儀式)・ミーチボージャー(3歳女児が初めて髪を切る儀式)。
2月彼岸に3歳になった子どもの髪を切る儀式のこと。
ヒンギーン
逃げる。
用例
アッピーガ ウーティチューグトゥ ヒンギーン(兄さんが 追ってくるから 逃げる)。ヒンギてぃ(逃げて)。
過:ヒンギタン(逃げた)否:ヒンギラン(逃げない)希:ヒンギーブサン(逃げたい)継:ヒンギトーン(逃げている)。
ヒンギウシ
逃げ牛。
ヒンギハラシー
逃げていって。
ヒンギマーイ
逃げ回っている。
用例
ヌラーリルスラーディチ ヒンギマーイソーン(叱られると思って 逃げ回っている)。
ヒング
垢。煤〔すす〕。
用例
アミーンサングトゥ ドゥーイッペー ヒングヤサ(浴びないから 体中 垢だらけだよ)。
ビング
【植物】イグサ。
メモ
備後藺〔びんごい〕。
ヒングブッター
煤だらけ。
用例
ヒングブッターシ マーヲゥティ アシディチャガ?(煤だらけで どこで 遊んで来たの?)。
ヒングムン
しびれる。
用例
アッタニ ヒサヌ ヒングムンレー(急に 足が しびれるさ)。
メモ
類:ヒラクムン(しびれる)。
ヒングヤーグヮー
煤だらけの小屋。
ビングヮー
薬草名。
用例
ビングヮーディチ チチャルウベー アシガヤー ハッキレー ワカランサー(ビングヮーといって 聞いた覚えは あるが はっきりは 分からないさ)。
ヒンケー
口答え。
用例
ヒンケーサビラン(口答えしない)。
ビンシー
【民具】御願用の道具。
用例
ニービチネー ビンシーン チカインドー(結婚式には ビンシー・御願用の道具も 使うよ)。
メモ
御願の時に使う木箱をビンシーと呼び、中には線香を収める引き出しや、盃、米、塩などのお供え用の仕切りがついて、持ち運びにとても便利である。
〔瓶水〕ウガン(祈願)の時に酒や水を入れる錫製の瓶の形をした器。
ビンシードーグ
【民具】携帯用のウガン(祈願)道具。
メモ
仕切られた木の箱にビンシー(酒や水などを入れた器)やウガンに必要なものが納められる。
ヒンジムン
ひねくれ者。逃げる者⇒不良。
用例
ワラビヌ ヒンジムンナティ テーンミーンタタラン(子どもが ひねくれ者で どうしようもない・打つ手がない)。
メモ
類:ヒンジャー(ひねくれ者)。
ヒンジャー
ひねくれ者。
用例
ヒンジャーナティ ウヤヌ イーシン チカン(ひねくれ者で 親の 言うことも 聞かない)。
メモ
類:ヒンジムン(ひねくれ者)。
ビンジャク
地名(喜名と伊良皆の中間地点の小地名)。
メモ
字喜名と伊良皆のちょうど中間に位置した所にビンジャクと呼ばれるところがある。そこには洞穴があって、昔からジュリグヮー幽霊が出るとされた。
ビンス
雄弁な者。
ヒンスー
貧相。貧乏。
用例
ヒンスーヤソーティン チャー マクトゥソーケー チャーンネーンサ(貧乏はしていても いつも 誠であれば 大丈夫だよ)。ヒンスーナムン(貧乏な者)。
ヒンスームン
貧乏者。
用例
ヒンスームンディチ ウシェーラッティン アトー ターガル リッシンスラー ワカランドー(貧乏者だと 馬鹿にされても 後は 誰が 立身するのか 分からないよ)。
ビンスドーグムッチャー
御願用の道具持ち。
用例
ワンネー イクケーヌン ビンスドーグムッチャー シミラッタン(私は 何回も 御願用の道具持ちを させられた)。
メモ
結婚式などの場合、相手方の家に向かう時に、御願用の道具を持つ役目の人をビンスドーグムッチャー(御願用の道具持ち)といった。
ヒンスン
拗ねる。ひねくれる。
ビンタ
頭髪の鬢〔びん〕。他人の頬を平手打ちすること。
用例
ティーガンマリシ シンシーンカイ ビンタサッタン(悪戯をして 先生に 平手打ちされた)。
メモ
頭髪の鬢のこともいうが、平手打ちで耳の下の方を叩くことにもいう。
ビンダナー
雨降りの時にできる池。
ビンダレー
【民具】洗面器。
用例
ビンダレーンカイ ミジ イッティ チラ アライン(洗面器に 水を 入れて 顔を 洗う)。
ヒンチ
すねること。
用例
ムヌ イレーカラ スグ ヒンチルスグトゥ ヌーン イララン(何か 言えば 直ぐに すねるから 何も 言えない)。
メモ
類:ヒン(すねること)。
ビンヂキ
鬢付け。
ビンヂキデー
鬢付け(油)の代金。
ヒンチャー
よくすねること・人。
用例
イャーグトゥ ヒンチャーナイネー ターガン チカーンドー(お前のように すねてばかりいると 誰がも 使わないよ・雇わないよ)。
ビンチョー
勉強。
用例
ビンチョー シミティ クィミソーリ(勉強させてください)。
ビントゥジュー
弁当重。
用例
ゥンマハラセーネー ビントゥジュー ムッチ イッペーヌ タノシミヤタン(競馬には 弁当重を 持って とても 楽しみだった)。
メモ
小さな重箱の弁当箱のことで、遠足や馬ハラセーを見に行く時に弁当として持って行った。
ヒントー
返答。
ビントー
弁当。
用例
アチャヤ ビントーヤシガ アンマーヤ ウビトーガヤー(明日は 弁当だが お母さんは 覚えているかね)。
ビンドーグ
【民具】携帯用のウガン(祈願)道具。
メモ
仕切られた木の箱にビンシー(酒や水などを入れた器)やウガンに必要なものが納められる。
ビンナイ
ビュンビュンと。
用例
トゥビイユヨ、ンカシェー カンシ イユ トゥインディ タッチョーチーネー、ビンナイ トゥディチャーニ ヌーディーンカイ スグ サスル バーン アイビタンディーシェー(トビウオよ、昔はこうして魚をとろうと立っていると、〔トビウオが〕ビュンビュンと飛んできて、のどにすぐ刺さることもあったというよ)。
メモ
風をきるように速く移動するさま。
ヒンプン
目隠し。家の前にある塀。
用例
ワッター ヒンプンヤ イシガチシ チュクテータン(私たちの 目隠しは 石垣で 造ってあった)。
メモ
類:シンプン。
ヒンプンは中国語の屏風(ひんぷん)のことで、家の門の内側にある目隠し。ヒンプンの種類には石垣、竹垣などがあった。門から家の中が見えないように、またヤナムン(悪霊など)が入ってこないようにするためのもの。木や石、竹などでつくった。金持ちは石で作った。また竹などを植えた。
ヒンマガイン
体を丸める。
用例
ヒンマガティ ニンジュン(体を丸めて寝る)。
yomikomi
読込中...