読谷村しまくとぅば「むんがたい」

お話から探すお話から探す

赤犬子 あかいんこ
赤犬が発見した湧泉クラガーのお話と、歌・三線の始祖といわれる赤犬子の伝説。
話者 松田平信(1893・M26) 地域 楚辺 時間 13:46
アカナー主とウナー主 あかなーすーとうなーすー
アカナー主が、悪さをするウナー主を退治して、お月様のなかに・・・。
話者 具志堅タケ(1914・T3) 地域 儀間 時間 02:45
アカマタ婿入 あかまたむこいり
毎日通ってくる美青年の正体は、アカマタ!?
話者 新城平永(1921・T10) 地域 宇座 時間 03:19
阿麻和利の最後 あまわりのさいご
護佐丸をだまし討った野心家阿麻和利の最後とは・・・。 阿麻和利の墓が楚辺にあります。
話者 照屋牛五郎(1898・M31) 地域 楚辺 時間 04:53
宇座イェーキ うざいぇーき
唐(中国)との貿易で富を得た人がいたそうです。
話者 山内昌繁(1902・M35) 地域 宇座 時間 00:45
牛どろぼう うしどろぼう
どろぼうが知恵を働かせて牛を盗んだ方法は・・・。
話者 照屋寛良(1908・M41) 地域 座喜味 時間 01:27
牛マジムン うしまじむん
牛の化け物のお話。若者たちが捕まえた牛の正体は・・・。
話者 石嶺伝栄(1909・M42) 地域 比謝 時間 01:18
潮汲みサンラー うすくみさんらー
山道でハブ除けに唱えるといいおまじないの話。
話者 玉城フジ(1910・M43) 地域 宇座 時間 01:12
ウフヤガー うふやがー
大屋という人が見つけた美味しい水が湧き出る泉。
話者 知花三七(1893・M26) 地域 波平 時間 00:28
大木徳武佐 おおきとぅくぶさー
攻めてきた島津の軍隊に追われましたが、大木の木々に隠れ難を逃れました。命を守った徳のある場所として今も拝まれています。
話者 島袋利蔵(1893・M26) 地域 古堅 時間 01:28
大湾のビジュル おおわんのびじゅる
盗まれた子宝の石仏が、池の中でブルブルと・・・。
話者 山城幸成(1915・T4) 地域 大湾 時間 01:09
鬼餅由来 おにもちゆらい
鬼になった兄を、妹が退治しようと餅を用意して・・・。
話者 島袋利蔵(1893・M26) 地域 古堅 時間 01:49
親志の始まり おやしのはじまり
明治時代にできた親志と、評判だった親志のエイサーのお話。
話者 喜友名初江(1922・T11) 地域 親志 時間 03:20
カサンジャーガマの米戦法 かさんじゃーがまのこめせんぽう
米を流して敵を追い返したお話。
話者 山内カナ(1900・M33) 地域 座喜味 時間 00:35
勝連バーマー かっちんばーまー
首里の龍たん池を造ったときの、勝連バーマーと役人との知恵比べのお話。
話者 伊波蒲戸(1894・M27) 地域 伊良皆 時間 03:03
カラスはなぜくろい からすはなぜくろい
カラスが黒いのは、藍で染めたから?!
話者 松田栄清(1895・M28) 地域 喜名 時間 00:46
カンジャーヤーの始まり かんじゃーやーのはじまり
鍋や農具など鉄製品を作ったり直したりする、鍛冶屋が長浜にいました。
話者 長浜真一(1910・M43) 地域 長浜 時間 02:33
喜名観音堂の由来 きなかんのんどうのゆらい
喜名の観音様は金武のお寺から迎えられました。そんな喜名の観音堂にまつわるお話です。
話者 松田栄清(1895・M28) 地域 喜名 時間 04:00
喜名タカハンジャーとフェーレー退治 きなたかはんじゃーとふぇーれーたいじ
多幸山の山ぞくを喜名タカハンジャーの知恵で捕らえるお話。
話者 松田ウト(1901・M34) 地域 喜名 時間 00:58
儀間のゥンブガー ぎまのぅんぶがー
儀間の最初のカー(井戸、井泉)のお話。水の恩へ感謝しカーを拝んでいます。
話者 仲宗根徳真(1905・M38) 地域 儀間 時間 00:35
座喜味城と東上地の粟上納 ざきみじょうとあがりいーちのあわじょうのう
座喜味城築城の際、人夫を救った東上地家の粟ご飯。
話者 比嘉徳太郎(1892・M25) 地域 高志保 時間 01:46
酒の始まり さけのはじまり
酒造りの始まりは、ほろ酔いスズメ。
話者 福地蔡良(1894・M27) 地域 渡慶次 時間 01:32
瀬名波ガーの話 しなはがーのはなし
豊富な湧き水で、干ばつのときには近隣の人びとを大いに助けた泉にまつわるお話。
話者 屋良朝助(1907・M40) 地域 瀬名波 時間 02:00
十二支の始まり じゅうにしのはじまり
干支は動物たちの先着順で・・・
話者 大城利徳(1908・M41) 地域 高志保 時間 01:59
ジュリグヮー岩 じゅりぐゎーしー
ジュリ(遊女)の怨念が残る岩のお話。人影もないのに三線の音が・・・。
話者 神谷カマド(1902・M35) 地域 瀬名波 時間 01:44
スーフチガマ すーふちがま
潮の勢いが強くて穴があいたスーフチガマの話。
話者 新城平永(1921・T10) 地域 宇座 時間 01:15
そうめんはミミズ そうめんはみみず
目の見えないおばあさんが食べていたそうめんは・・・
話者 上地弘治(1896・M29) 地域 座喜味 時間 02:18
大力平田子 だいりきひらたしー
力くらべに来た敵が逃げ出すほどの力持ち平田子。
話者 伊波カマ(1889・M22) 地域 伊良皆 時間 01:13
タクかマジムンか たくかまじむんか
食いしん坊が食べようとしたタコは化物?!
話者 松田ミヨ(1901・M34) 地域 喜名 時間 01:59
多幸山フェーライと喜名番所 たこうやまふぇーらいときなばんしょ
盗賊を恐れて喜名番所に泊まろうか、いや帰ろう
話者 平安常清(1896・M29) 地域 比謝 時間 00:51
唐船グムイ とーしんぐむい
長浜集落には、むかし唐(中国)からの貿易船が来たそうで、それにまつわる地名が伝えられています。
話者 山内清(1908・M41) 地域 長浜 時間 02:06
トーフバクバク とーふばくばく
山原船の遭難者を葬ったところのお話。
話者 仲宗根カマ(1906・M39) 地域 渡具知 時間 00:54
都屋徳武佐 とぅやとぅくぶさー
隠れた一族の命を守った徳のある洞穴。ティラヌガマとも呼ばれ、沖縄戦時は多くの人たちが避難しました。
話者 阿波根直孝(1897・M30) 地域 都屋 時間 01:16
都屋の始まり とやのはじまり
座喜味から独立してできた都屋集落。都屋は各地から集まってきた人びとによりできました。
話者 古堅太次郎(1910・M43) 地域 都屋 時間 01:02
長田の始まり ながたのはじまり
廃藩置県後に首里からきた士族が開墾してできた長田集落。
話者 名嘉真光子(1920・T9) 地域 長田 時間 00:32
長地の馬石 ながちのうまいし
馬の形をした、霊力が強い岩のお話。その霊力に悩まされた人びとが・・・。
話者 伊波厚徳(1901・M34) 地域 伊良皆 時間 00:52
波平の始まりと武士ガー なみひらのはじまりとぶしがー
波平の始まりと、飲むと乱暴者が生まれたという泉のお話。
話者 比嘉自作(1902・M35) 地域 波平 時間 02:07
猫と胡瓜 ねこときゅうり
ひとつだけの実は食べちゃだめ。
話者 城間正二(1898・M31) 地域 上地 時間 00:44
ハーリーの始まり はーりーのはじまり
一番おいしいのは塩と言って島流しされて・・・
話者 山内実(1901・M34) 地域 宇座 時間 02:51
ハジチ由来 はじちゆらい
転覆した船を助けてくれた女の人の手にはハジチがあって・・・。
話者 具志堅タケ(1914・T3) 地域 儀間 時間 01:28
比謝右京 ひーじゃうちょー
力持ちで有名な比謝右京。力自慢たちが右京に力勝負を挑みに来ますが・・・。
話者 佐久川政喜(1925・T14) 地域 比謝 時間 02:05
美女翁長マヂル びじょおながまぢる
髪が長くとても美しいと評判だった翁長マヂル。北谷モーシーと美女比べをして・・・。
話者 松田ミヨ(1901・M34) 地域 喜名 時間 02:39
フチャギ由来 ふちゃぎゆらい
白餅に小豆がついたフチャギ餅ができたのは・・・
話者 古堅セツ(1912・M45) 地域 都屋 時間 00:47
屁ひり嫁 へひりよめ
屁こきな娘がお嫁に行くことになり・・・。
話者 我謝ツル(1901・M34) 地域 渡具知 時間 01:55
牧原の始まり まきばるのはじまり
松山御殿の牧場を開墾して豊かな圃場や集落を作りました。
話者 比嘉憲一(1909・M42) 地域 牧原 時間 04:38
継子のこやし運び ままこのこやしはこび
継母が継子に何度もこやし運びの手伝いをさせて・・・。
話者 当山ウシ(1889・M22) 地域 長浜 時間 01:03
豆と藁と炭 まめとわらとすみ
そら豆の黒い爪(すじ)ができた理由。豆とワラと炭は仲良しの友だちだったのですが・・・。
話者 島袋亀次郎(1895・M28) 地域 座喜味 時間 03:59
マンサン祝い まんさんいわい
子どもが生まれたので、飼っていた猫を山奥に捨てたら、出産祝いに来て・・・。
話者 宮城ヤス(1911・M44) 地域 大木 時間 02:33
ミンティラの由来 みんてぃらのゆらい
儀間にあるミンティラから、久米島に向かって拝むのは・・・。
話者 比嘉徳太郎(1892・M25) 地域 高志保 時間 01:59
ムイヌカー由来 むいぬかーゆらい
そう難した人の命を救った泉のお話。
話者 屋良朝助(1907・M40) 地域 瀬名波 時間 00:55
むかしの渡具知 むかしのとぐち
沖縄戦の上陸地になった渡具知、むかしは三日月に包まれたような形で風水に恵まれた土地でした。
話者 吉浜亀(1891・M24) 地域 渡具知 時間 03:33
読谷の馬場 よみたんのばば
読谷には競馬場がいくつかありました。そんな競馬場のお話。
話者 福地蔡良(1894・M27) 地域 渡慶次 時間 02:48
龍とニワトリ りゅうとにわとり
龍の耳に入ったムカデを取ってくれたのは・・・。ハーリー船の絵柄の理由。
話者 新城平永(1921・T10) 地域 宇座 時間 02:03
龍糞長者 りゅうふんちょうじゃ
ハブが成長して龍になり、海でフンをしました。そのフンでお金持ちになった人のお話。
話者 山城カマド(1901・M34) 地域 比謝矼 時間 01:32
ワランチャガーとスネークガマ わらんちゃがーとすねーくがま
宣教師、医者でもあるペッテルハイムが宇座に来て・・・。
話者 新城平永(1921・T10) 地域 宇座 時間 02:17